RADWIMPSの「棒人間」の歌詞の意味について徹底的に調べてみました。作詞した野田洋次郎さんのコメント、ネットの解釈、歌詞に込められた意味などについて紹介していきます。

 

野田洋次郎さんの書く歌詞は、いつも深い意味が込められている印象。いくつもの意味に捉えることのできる歌詞。どこまでも深読みできてしまいます。最後に私なりの解釈も書いてみました。具体的な歌詞をピックアップしながら紹介していきますね。

 

「フランケンシュタインの恋」を見逃した方へ。動画を全話無料視聴する方法あります

 

棒人間 歌詞の意味は?

 

ドラマ「フランケンシュタインの恋」の主題歌にもなっているRADWIMPSの「棒人間」。ドラマは、人間社会に馴染めない怪物(綾野剛)が主人公になっています。その内容にマッチした歌詞が話題になっています。

 

歌詞の意味についての解釈が、ネット上で飛び交っています。いろいろな意味に解釈していて、感想を読むだけでも面白いです。

 

 

私が印象的だった感想は「自分が分からない的な意味」という感想。「棒人間」の歌詞の中には、「僕は人間じゃないんです」という歌詞が何度も出てきます。この歌詞をうけての感想だと思いますが、私も同じことを考えてました。

 

受け取る人によって、様々な歌詞の意味を解釈できる楽曲「棒人間」。ネットの解釈や、私なりの解釈を紹介していこうと思います。具体的に歌詞をピックアップして紹介していきますね。

 

歌詞を読んでいくと、二重三重の意味が込められているようで深い。というか意味を深読みできる余地のある歌詞でした。

 

スポンサーリンク

歌詞解釈①「発達障害」(天才)

 

RADWIMPSの「棒人間」一つ目の解釈は、「発達障害」を描いた歌であるという解釈。こう思う理由は、棒人間のネットの感想の多さから。RADWIMPSの「棒人間」についての感想を探していくと、「発達障害」という言葉が出てきます。

 

ネットの感想の中には、「共感した」「発達障害の人の気持ちを代弁している」という内容の感想が目立ちます。ネットで「棒人間 歌詞」と検索すると「発達障害」というキーワードが出てきます。

 

「棒人間」は発達障害の方や、発達障害を知っている方などの反響が多いようです。「発達障害」という解釈を念頭に歌詞の内容を見ていくと、「なるほど」と思わされる部分が多くあります。

天才には発達障害が多い?

発達障害とは?
===============
発達障害は、肉体的・精神的な不全をもたらす慢性的症状らの様々なグループ(障害者の分類)である。発達障害はその個人の生活において様々な困難をもたらし、特に言語、移動、学習、セルフヘルプ、自立生活などでハンディとなるとされる。

引用:https://www.cdc.gov/ncbddd/developmentaldisabilities/index.html

 

発達障害の概要を引用してみました。「発達障害はその個人の生活において様々な困難をもたらし」という部分が印象に残ります。この部分が「棒人間」の歌詞に深くリンクしています。

 

発達障害の中でも特に有名なのがADHD。世界的な天才もADHDだったといわれています。「発達障害=天才」という意味ではありません。しかし「天才」と言われる人物と共通する部分もあるようです。

 

過去の天才で発達障害(ADHD)の可能性があったとされる人物は多い。あくまで一説ですが、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」「坂本龍馬」「リンカーン大統領」「エジソン」「ガリレオ」「ヘミングウェイ」などなど。各界の天才の名前が挙がっています。※あくまで諸説ありです

ネットの感想

 

「棒人間」の特定の歌詞をピックアップして紹介しようとしたのですが、特定の歌詞が発達障害を連想させるというワケではないようです。ネットの感想を読むと「棒人間」の歌詞全体が「発達障害」を連想させるような印象をもちました。

 

個人的に印象に残ったのは、「個人的に、そのままの意味の人外の歌じゃなくて発達障害の人の歌だと思ってた」という感想。「棒人間」は、ドラマ「フランケンシュタインの恋」の主題歌に採用されています。そのため、主人公のフランケンシュタイン(綾野剛)の気持ちを代弁した歌詞の意味だと解釈する人も多いようです。

 

ですが、「棒人間」はドラマのために書き下ろした楽曲ではなく、RADWIMPSのアルバムの一つの楽曲。フランケンシュタインの感情を描いた歌詞ではないようです。そんな中でも、歌詞の意味を読み取り「発達障害」と連想する人が多い。この解釈は正しいような気がします。

 

少なくとも、フランケンシュタインのような怪物を描いた歌詞ではない。人間を描いた歌詞という解釈で正しいと思います。これは作詞を担当したRADWIMPSの野田洋次郎さんもコメントからも明らかです。

 

「僕は人間じゃないんです」

人間が歌うからこその、この『棒人間』という楽曲だと思っていたので最初この曲でお話をいただいた時は少し驚きました。

ただ、人間だらけの中で懸命に生きるたった一人の「自分」という主人公の物語なのだとしたら、それは僕たちもフランケンも一緒なのかもしれません。どんなふうに現代を生きる怪物とこの楽曲が共鳴するのか、今からとても楽しみです。

引用:http://www.ntv.co.jp/frankenstein_koi/music/index.html

 

スポンサーリンク

歌詞解釈②「集団の中で孤独を感じる人間」

 

RADWIMPSの「棒人間」二つ目の解釈は、「集団の中で孤独を感じる人間」を描いた歌詞であるという解釈。この解釈も、フランケンシュタインなどの怪物を描いた歌詞ではなく、一人の人間を描いた歌詞だという解釈。

 

この解釈は、「棒人間」という曲名とも関係してくる部分だと思います。具体的に歌詞をピックアップして説明していきますね。

「棒人間」”集団の中での孤独”を連想する歌詞

ねぇ 僕は人間じゃないんです ほんとにごめんなさい

そっくりにできてるもんで よく間違われるのです

引用:「棒人間」の歌詞より

 

「棒人間」の歌いだしの歌詞です。歌詞をそのまま読んでいくと、あたかも人外の存在のように解釈できます。ですが、歌詞を読み進めていくとそうでないことが分かると思います。

 

笑顔と同情と謙遜と自己犠牲、朝起床に優しさと

優に1億は超えそうな必要事項を生きるのです

引用:「棒人間」の歌詞より

 

「棒人間」の歌詞の中では、普通の生活をしている一人の存在が描かれています。歌詞の中では「人間じゃないんです」と言っていますが、誰しも生活の中で感じる感情が描かかれます。

 

私も「棒人間」の歌詞を読んでいて「分かる」と共感した部分は多くあります。そう思う人は私だけではないと思います。私なりに「棒人間」を解釈すると「周囲に馴染めず”孤独”を感じる1人の人間」を描いた歌詞だと思います。

 

周囲に馴染めない自分を「人間じゃないナニか」に当てはめることで、自分の存在を正当化している。無理やり納得しているような印象を受けます。そんな解釈もできます。その”ナニか”の象徴として「棒人間」を当てはめているのではないでしょうか。

 

「集団の中で孤独を感じる」とくくると語弊がありそうですが、「棒人間」で描かれる一つの人物像としてあるのではないかと思っています。私がそう思ったのは、以下の歌詞。共感している方も多いのではないかと思います。

 

面白くもないことで笑てみたり

そのうち今どんな顔の自分かわからなくなる始末です

引用:「棒人間」の歌詞より

ほどよくテキトーに生きながら ほどよくまじめに働きながら

全然大丈夫なフリしながら たまに涙流しながら

引用:「棒人間」の歌詞より

棒人間 動画探してみた【RADWIMPSは・・・】

 

歌詞をより深く解釈するには、曲を聴きながら歌詞を読むのが一番早いと思います。というワケでYoutubeで「棒人間」の動画を探してみました。一番いいのは、RADWIMPSの公式動画だったのですが、MVがありませんでした。

 

RADWIMPS「棒人間」は、シングル曲ではなくアルバムの1曲なのでMVが制作されていないのかもしれません。RADWIMPSのアルバム「人間開花」に収録されています。

 

↓アルバム「人間開花ダイジェスト」(棒人間は0:51~)

 

というワケでRADWIMPSの動画ではなく、カバーをしている方の動画を貼り付けておきます。「棒人間」の歌詞を読みながら、聴いてみてください。

 

私的には2:26~の歌詞が一番響きました。

 

↓「棒人間」コバソロ&春茶【カバー】

 

スポンサーリンク

まとめ「いろいろな意味に解釈のできる歌詞」

RADWIMPSの「棒人間」の歌詞の解釈について書いてきました。内容を3行でまとめていこうと思います。

 

3行まとめ
===============

  • RADWIMPS「棒人間」は深い意味が込められている
  • 歌詞の解釈①「発達障害」
  • 歌詞の解釈②「集団の中の孤独」

 

最後に私の感想を書こうと思います。RADWIMPSの「棒人間」の歌詞について、いろな意味の解釈を紹介してきました。思ったのは、「いろいろな意味に解釈のできる歌詞だな」ということ。

 

記事の中で紹介してきた「発達障害」「集団の中の孤独」も一つの解釈。作詞をした野田洋次郎さんは「人間が歌うからこその「棒人間」」だとコメントしています。ですが、主題歌になったドラマ「フランケンシュタインの恋」の内容は、人間ではない怪物が主人公。

 

そのため「人外の孤独を描いた歌詞」と解釈する人も多い。内容にマッチしているので、この解釈も納得できます。

 

いろいろな解釈ができる、ステキな歌詞だと思います。話題になることもも大きな意味があると思います。また新しい解釈ができたら追記しようと思います。

 

「フランケンシュタインの恋」を見逃した方へ。動画を全話無料視聴する方法あります