「僕たちがやりました(僕やり)」第1話の放送を見逃した方へ。ネットで動画を視聴する方法があります。

 

フジテレビ系列のドラマ限定の方法ですが、「僕やり」は系列のドラマなので使うことができます。

 

ネットさえつながっていれば、パソコンはもちろんスマホからでも動画を視聴することができます。今すぐ動画視聴したい方におすすめ。

 

僕たちがやりました(僕やり)第1話見逃した方へ。動画を見る方法

 

大人気漫画を原作にするドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」。第1話の中では物語史上最大の大事件が起きます。

 

最初にして最大の事件。物語のコアといっても過言ではない事件です。ここを見逃してしまうと、確実に話についていけなくなります。それくらいのことが第1話の中で起きます。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」が気になっている方は、第1話だけは飛ばさない方がいいと思います。

 

というワケで、第1話の放送を見逃してしまった方はネットを使って動画を視聴していってください。フジテレビ公式サービスを使って動画を視聴することができます。

 

見逃し配信では動画は見れない

 

テレビ番組を期間限定で動画配信するサービス「見逃し配信」。最近はどのドラマでも対応していますが、「僕たちがやりました」は見逃し配信をしていません

 

見逃し配信サイト「TVer」でも見逃し配信はされていません。そして私の調べる限り、再放送の予定もまだないようです(7/19時点)。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」第1話の動画を見る方法は、私の知る限り一つだけ。フジテレビの動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」だけです。

 

今すぐ動画視聴開始!

 

フジテレビの動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」。ここで、「僕たちがやりました(僕やり)」の動画を見ることができます。

 

■「僕たちがやりました」第1話の配信日
===============
2017年7月18日(火)23:30~

 

放送終了後、すぐに動画の配信が始まるようですね。配信が早いという点はありがたいですよね。今すぐ見たいという方にもおすすめできます。

 

またスマホからでも動画視聴もできます。めちゃくちゃ便利なサービスですが、一つだけ注意点があります。それは有料サービスだということ。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」の動画を見るためには、300ポイント(300円)が必要になります。動画を無料視聴することはできないようです。

 

ですが、現在FOD(フジテレビオンデマンド)では「31日間無料お試しキャンペーン」を実施中。このキャンペーンを使うと、自動的に100ポイントもらうことができます。

 

このポイントを使えば、「僕たちがやりました(僕やり)」第1話の動画を実質200円で視聴することができます。少しでもお得に見たいならキャンペーンを使うことをおすすめします。

 

「31日間無料お試しキャンペーン」もいつ終了するか分からないキャンペーンなので、気になっている方は今のうちがチャンスかもしれません。

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

無料お試し【使ってみた感想】

FOD(フジテレビオンデマンド)では、「僕たちがやりました(僕やり)」の動画以外にも配信されている動画が多くあります。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」のようにポイント消費して視聴する動画もあれば、見放題対象の動画もあります。「無料お試し」を開始したら、いろいろ動画を探すのも楽しいと思います。

 

今クール放送されている「コードブルー」「セシルのもくろみ」「警視庁いきもの係」などは見放題になるようですね。「僕たちがやりました」の動画を見るついでに見てみてもいいかもしれません。

 

あと、個人的に気になっているのはFODオリジナルドラマ「僕は麻里のなか」。これも人気漫画原作作品ですね。

 

私が「無料お試し」を使ったのは、小雪さん主演のドラマ「大貧乏」でした。が、気になってた過去ドラマ動画なんかも結構視聴していました。アニメなども一気見してましたね。

 

ついでに、私が「無料お試し」の期間に視聴した動画を一覧でまとめてみました。

 

■31日間無料お試し中に視聴した動画
===============

  • 「大貧乏」第2話
  • 「ガリレオ」全話
  • 「最高の離婚」全話
  • 「幽遊白書」5~6話分
  • 「放送禁止」

※配信動画は2017年1月時点

 

↓ツイッターの感想

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

僕たちがやりました(僕やり)第1話見どころ

 

窪田正孝さん主演のドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」第1話の見どころをまとめてみました。

 

「ストーリー」「キャスト」「セリフ」に分けて、1話の見どころを紹介していこうと思います。

 

第1話の中で、個人的に見逃し厳禁なのはパイセンのあるシーン。セリフはコメディ感満載なのですが、そのセリフの後の展開がものすごくシリアス。超展開です。

 

第1話が見逃せないのは、この展開があるからです。

 

↓今すぐ動画を見る方はコチラ
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

見どころ①「ストーリー」

ドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」第1話、最初に紹介する見どころは、「ストーリー」。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」最大の見どころと言っても過言ではないと思います。このストーリーが受け入れられたからこそ、原作は大人気漫画になって、ドラマも制作されることになりました。

 

私は「僕やり」の原作ファンでもあるのですが、ストーリーに興味を持って、原作を一気読みしました。ハラハラするというよりも、嫌な汗をかく感じ。一気読みした日は、ちょっとナーバスになりました。

 

それほどまでに強烈なストーリーが用意されています。ドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」の第1話では、ある大事件が起こるところまで話が進みます。

 

原作の第1巻に相当する部分ですね。ここ見逃してしまうと本当に話についていけなくなります。

 

■僕たちがやりました(僕やり)第1話ストーリー
===============
そこそこでいい。そこそこ楽しかったらそれでいい。

 

凡下高校に通う高校生・トビオ(窪田正孝)は平凡な毎日をそこそこ楽しんでいた。金持ちのパイセン、同級生のマル、伊佐美とそこそこ楽しい高校生活を送っていた。

 

しかし、ある事件をきっかけにトビオのそこそこな高校生活は終わる。

 

事の発端は、マル(葉山奨之)がやば高の生徒の悪口を言ったこと。やば高とは、トビオたちの通う凡下高の向いにある高校で、不良が集まることで有名だった。

 

トビオたちは、やば高の生徒には近づかないようにしていた。誰にも聞かれtないと思って口にしたマルの言葉は、こともあろうことかやば高ナンバー1の市橋に聞かれてしまう。

 

後日、マルはやば高の生徒にボコボコにされてしまう。半殺しにされたマルを見て、トビオはある言葉を口にする。

 

「アイツら殺そう・・・俺たちで」

 

トビオの言葉を受けて、お金持ちのパイセンはちょっとしたイタズラを提案する。皆本気で殺そうなんて思ってなかった。少し仕返しができたらそれでいい。ほんの憂さ晴らしのつもりだった。

 

しかし、そのちょっとしたイタズラはあまりに大きな事件へと発展していってしまう・・・。トビオたちの逃走劇が幕を開ける。

 

「そこそこで良かったんですけど」

 

見どころ②「キャスト」

「僕たちがやりました(僕やり)」二つ目に紹介する見どころは「キャスト」。主演の窪田正孝さんをはじめ、若手人気俳優が勢ぞろいしたという感じですね。

 

ヒロインの永野芽郁さんは、次の次の朝ドラヒロインにも抜擢されていますね。男性キャスト、女性キャストのバランスがすごく良い。私はキャスト情報だけで、「僕たちがやりました」のドラマを視聴することを決めました。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」第1話の中でも特に注目なキャストは、永野芽郁さん。清純派のイメージの強い永野芽郁さんですが、ドラマの中では結構強気な女子高生を演じます。

 

第1話の中で繰り出される永野芽郁さんのドロップキックは見逃し厳禁なポイントですよ。原作にもある印象的なシーンです。

 

ついでに、川栄李奈さんのシーンも見どころ。ちょっとドキドキするシーンです。

 

■僕たちがやりました(僕やり)第1話キャスト
===============

  • 窪田正孝
  • 丸山友貴
  • 間宮祥太朗
  • 今野浩喜(元キンコメ)
  • 新田真剣佑
  • 三浦翔平
  • 永野芽郁
  • 川栄李奈
  • 岡崎紗絵
  • 水川あさみ
  • 榊原郁恵
  • 古田新太
  • 板尾創路

 

見どころ③「セリフ」

「僕たちがやりました(僕やり)」第1話の中から、印象的なセリフを5つピックアップしてみました。

 

第1話の中では、ある事件を境にドラマの雰囲気が一変します。ユルい雰囲気のセリフと、シリアスな雰囲気なセリフのギャップがものすごくあります。

 

第1話では、特にそのギャップが楽しめると思います。そんなギャップのある雰囲気の中で使われるセリフを5つ紹介していきます。

 

個人的に一番注目してほしいのは、五つ目に紹介するパイセンのセリフ。セリフというか、掛け声というか、このセリフの直後にとんでもないことが起きます。

 

そこそこでいい

そこそこ楽しけりゃ幸せだ

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第1話より

 

一つ目に紹介するのは、トビオ(窪田正孝)のセリフ。

 

物語の最初で、トビオは普通の高校2年生です。仲間とボーリング行ったり、幼馴染の女の子にちょっとドキドキしたりするどこにでもいる普通の高校生。そんなトビオは、そこそこ楽しい現状に満足しています。

 

トビオの使う「そこそこ」は、物語全体に関わる重要なセリフです。原作の結末にも関わる言葉。この”そこそこ”がトビオの人生を大きく左右していくことになります。

 

触ってみます?

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第1話より

 

二つ目に紹介するのは、今宵(川栄李奈)のセリフ。

 

今宵は、トビオの一つ後輩で伊佐美の彼女でもあります。派手でギャルな性格をしています。原作でも人気のキャラ。原作ファンだというケンコバさんも番組で「今宵が好き」と語ってたそうです。

 

少し抜けているところがあるのもかわいいですよね。セリフからも分かるとおり、今宵は青年誌特有のキャラ。男性からの支持が厚いのも納得です。

 

生きてる!?生きてる!!

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第1話より

 

三つ目に紹介するのは、トビオのセリフ。

 

マルがやば高の不良にボコボコにされたときのセリフですね。セリフからは緊迫した様子が伝わってきますよね。このいざこざから、とんでもない事件に発展していってしまいます。

 

トビオの”そこそこ”な日常は少しづつ失われていきます。この後の展開は本当に見逃せない。超展開といってもいいと思います。

 

いいよそんなの・・・

アイツら殺そう・・・俺たちで

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第1話より

 

四つ目に紹介するのもトビオのセリフ。

 

マルがボコボコにされてキレたトビオのセリフです。ここの怒ってるトビオは言葉はアレですがカッコいい。もちろんトビオは本気で殺そうとは思って言っていません。

 

マルも伊佐美もパイセンも、それは分かっています。でもトビオのこのセリフが引き金になってある大事件につながっていきます。物語の転機となるセリフといえますね。

 

バルス!バルスバルス!!!

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第1話より

 

五つ目に紹介するのは、パイセン(今野浩喜)のセリフ。

 

「天空の城のラピュタ」に出てくる滅びの呪文ですよね。ラピュタのテレビ放送がある度にツイッターで「バルス祭り」が起こるほど有名な言葉ですよね。

 

このセリフが使われた直後に大事件が起きます。コメディ展開からのシリアス展開の落差がものすごい。事態の深刻さに思わず笑ってしまうほどのことが起きます。

 

「僕やり」見逃し対処方法まとめ

ドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」第1話の放送を見逃した方に向けて記事を書いてきました。内容を3行でまとめていきます。

 

■3行まとめ
===============

  • 「僕たちがやりました(僕やり)」第1話を見逃すと話についていけない
  • 見逃し配信で動画は見れない
  • 動画を見るならFODがおすすめ

 

「僕たちがやりました(僕やり)」第1話の中では、ストーリー上最大の事件が起こります。そのため、第1話を見ていないと確実に話に置いていかれてしまいます。

 

見逃してしまった方は、動画で第1話を見てみてください。

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」