ドラマ「わにとかげぎす」の主題歌「クモ」の歌詞について紹介します。ツイッター上では、早くも「名曲」と話題になっています。

 

TOKIOが歌っていることも話題になっている大きな要因ですが、それ以上に歌詞がめちゃくちゃいいんですよね。

 

歌詞の内容に共感する人にとっては、涙が出てくるほどだと思います。それくらい強い歌詞。ある意味で閲覧注意かもしれません。

 

ドラマ「わにとかげぎす」の内容にもすごく合っていますね。

 

スポンサーリンク

 

わにとかげぎす 主題歌TOKIO「クモ」の歌詞が深い

 

くりぃむしちゅーの有田哲平さん主演と、本田翼さんとの初共演で話題となっているドラマ「わにとかげぎす」ですが、主題歌となっているTOKIOの「クモ」について情報をまとめてみました。

 

私自身この曲は知らなかったのですが聞いてみたら、まぁ癒されました。どことなくふわ~っとした雰囲気の曲調がいい感じです。

 

この楽曲はオファーを受けてから長瀬智也さんがドラマのために書き下ろしたそうです。

 

「わにとかげぎす」の原作を読んで、主人公の不器用ながらも前向きに生きている様子や、切ない思いを歌詞にしたようで、思わず聞き入ってしまうような深い歌詞になっています。

 

というわけで、今回はドラマ「わにとかげぎす」の主題歌となっている、TOKIOが歌う「クモ」の中でも、私が特にいいな!と思った歌詞を5つ紹介したいと思います。

 

■わにとかげぎす主題歌「クモ」印象的な5つの歌詞
===============

  • 歌詞①「何をしていたのか・・・」
  • 歌詞②「誰かに会いたいな」
  • 歌詞③「息も出来ないほどに」
  • 歌詞④「素直になった 前に進んだ」
  • 歌詞⑤「ずっと見ていた景色も悪くない」

 

歌詞①「何をしていたのか・・・」

何をしていたのか 此処は何処なのか

さぁ次に行かなきゃ・・・

引用:TOKIO「クモ」の歌詞より(ドラマ「わにとかげぎす」主題歌)

 

ドラマ「わにとかげぎす」主題歌「クモ」1つ目の歌詞は「何をしていたのか・・・」。

 

まずこの「わにとかげぎす」という言葉の意味は、「深海魚」です。

 

特に何をするわけでもなく、平凡な毎日を送ってきた主人公である富岡の生き様を深海魚と重ね合わせて、このタイトルになっているのだと思います。

 

「何をしていたのか・・・」という部分は、まさに主人公の生き様を表現した歌詞だと思います。

 

このままではいけないなと感じた主人公の富岡が、「さぁ行かなきゃ・・・」と奮起しようとしいる姿まで浮かぶような歌詞になっていますよね。

 

スポンサーリンク

 

歌詞②「誰かに会いたいな」

明日も誰かに会いたいな

何処に行こうかな?

引用:TOKIO「クモ」の歌詞より(ドラマ「わにとかげぎす」主題歌)

 

ドラマ「わにとかげぎす」主題歌「クモ」2つ目の歌詞は「誰かに会いたいな」。

 

主人公の富岡は、スーパーで深夜の警備員の仕事をしており、毎日職場と自宅の往復だけの生活を送っていました。

 

恋人も友達と呼べる人もいない富岡の「誰かに会いたいな」という思いが歌詞に込められているようでとても切なくなります。

 

ドラマの最中でこの歌詞を聞いてしまったら、思わず切なくて涙しそうですよね。

 

歌詞③「息も出来ないほどに」

息も出来ないほどに

寂しい時もあるんだよ

引用:TOKIO「クモ」の歌詞より(ドラマ「わにとかげぎす」主題歌)

 

ドラマ「わにとかげぎす」主題歌「クモ」3つ目の歌詞は「息も出来ないほどに」。

 

これは切ない歌詞ですよね。普段は何気なく仕事と家の往復をしていても、ふと考えた時に、恋人も友達もいなくて独りぼっちというのは、本当に寂しいと思います。

 

「息も出来ないほどに」という表現が本当に切ないです。

 

歌詞④「素直になった 前に進んだ」

「素直になった」「前に進んだ」

「でも躓いた」「立ち止まった」

繰り返しながら・・・

引用:TOKIO「クモ」の歌詞より(ドラマ「わにとかげぎす」主題歌)

 

ドラマ「わにとかげぎす」主題歌「クモ」4つ目の歌詞は「素直になった 前に進んだ」。

 

これまでの切なく悲しい歌詞と違って、前向きな歌詞です。ドラマの中でも主人公の富岡は、このままではいけない!と奮起し、友達を作ろうと努力し始めます。

 

自分に素直になって、前に進もうと奮起している姿が浮かぶような歌詞ですよね。

 

でもそう簡単にはいかず、躓いたり立ち止まったり、様々なトラブルと向き合って富岡は成長していきます。思わず「がんばれ!」と応援したくなりますよね。

 

歌詞⑤「ずっと見ていた景色も悪くない」

ずっと見ていた景色も

悪くないと気付き始めた

引用:TOKIO「クモ」の歌詞より(ドラマ「わにとかげぎす」主題歌)

 

ドラマ「わにとかげぎす」主題歌「クモ」5つ目の歌詞は「ずっと見ていた景色も悪くない」。

 

この部分の歌詞を見て、「深いな~」と感じました。

 

このままではいけないと奮起した主人公の富岡ですが、いろんなトラブルと闘って成長していくうちに、今までの人生だって決して悪いものではなかったと感じたのでしょう。

 

自分の今までの人生を後悔するばかりでなく、いい事もあったと振り返れるのは、誰にでも共感出来る歌詞ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

わにとかげぎす 主題歌の評判は?

 

ドラマ「わにとかげぎす」の主題歌で話題になっている、TOKIOの「クモ」という楽曲ですが、ネット上でもこのTOKIOの「クモ」という楽曲は、「思わず涙が出てくる」などと評判になっています。

 

TOKIOの長瀬智也さんの声質がまたいい感じに切なくて、歌詞とマッチしちゃうんですよね。

 

ご紹介した5つの歌詞以外にも切ない歌詞や前向きな歌詞などいい歌詞が詰まっている曲になっています。みなさんもぜひ聴いてみて下さい。

 

↓ツイッターの感想

 

■関連記事
わにとかげぎすプロデューサー・峠田浩に期待大!!!

わにとかげぎす 意味は?何でこのタイトル?

わにとかげぎす監督(演出)は誰?「カルテット・逃げ恥」担当してる!