ドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」第2話を見逃した!そんな場合は、ネットのサービスを使って動画を見ることができます。

 

フジテレビの公式サービスを使って、動画を視聴することができます。ネットさえつながっていれば、スマホでもパソコンでも動画の視聴は可能です。

 

フジテレビ系列の番組に限られる方法ですが、結構使える方法ですよ。もちろん「僕たちがやりました」もフジテレビ系列です。

 

僕たちがやりました(僕やり)第2話見逃した方へ。動画を見る方法

 

「僕たちがやりました(僕やり)」第1話では衝撃のラストを迎えました。仕掛けた爆弾が、思わぬ大爆発を起こしてしまいます。

 

第2話では、その後の展開が描かれます。今後の物語の展開を左右する大事な回。見逃してしまうと、話についていけなくなると思います。特にパイセンの思い切りのよすぎる行動には要注目です。

 

第2話の放送を見逃してしまった方は、ネットのサービスを使って話に追いつくことができます。

 

というワケで、今回は「僕たちがやりました(僕やり)」第2話の動画を見る方法について紹介していきます。フジテレビの公式動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」を使います。

 

見逃し配信では動画は見れない

 

最近のドラマの多くは、見逃し配信に対応しています。テレビで放送された番組がネットで視聴することのできるサービスです。

 

見逃し配信サイト「TVer」などが有名ですね。ですが、「僕たちがやりました(僕やり)」は見逃し配信をしていません。私の調べた限り、第2話の再放送の予定もまだないようです(7月25日時点)。

 

というワケで、「僕たちがやりました(僕やり)」第2話の動画はFOD(フジテレビオンデマンド)を使って動画を見ることができます。

 

どこでも動画視聴開始!

 

フジテレビの公式動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」。ここで「僕たちがやりました(僕やり)」第2話の動画を配信しています。

 

フジテレビ公式サイトなだけあって、動画の配信も早いですね。放送したその日のうちに動画の配信が始まります。第2話の配信時間は下記の通り。

 

■「僕たちがやりました」第2話の配信日
===============
2017年7月25日(火)23:30~

 

スマホでも視聴可能なので、場所も選びません。便利なサービスですが、一つだけ注意しておきたいことがあります。それはFOD(フジテレビオンデマンド)は有料サービスだということ。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」の動画を見るには、1話分につき300ポイント(円)がかかります。動画を無料視聴することはできません。

 

ですが、お得に動画視聴することはできます。

 

現在FOD(フジテレビオンデマンド)では「31日間無料お試しキャンペーン」を実施中。このキャンペーンを使うと、自動的に100ポイントもらうことができます。

 

このポイントを使えば、実質200円で「僕たちがやりました(僕やり)」第2話の動画を見ることができます。少しでもお得に動画を見たいのであれば、「31日間無料お試しキャンペーン」を使うことをおすすめします。

 

「31日間無料お試しキャンペーン」はいつ終了するか分からないサービス。終了のタイミングはフジテレビ次第。気になっている方は今のうちがチャンスかもしれません。

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

無料お試し【使ってみた感想】

私も見逃したドラマがきっかけで、FOD(フジテレビオンデマンド)の「無料お試し」を使った経験があります。その時に使ってみて思った感想をまとめてみようと思います。

 

FOD(フジテレビオンデマンド)の動画の中には、「僕たちがやりました(僕やり)」のようにポイントを消費して動画視聴する動画と、見放題の動画があります。※無料お試し期間内は見放題

 

現在放送中のドラマであれば、「コードブルー」「セシルのもくろみ」「警視庁いきもの係」は見放題の動画ですね。他にも過去に放送されたドラマやアニメなどは見放題の場合が多いです。

 

私は小雪さん主演のドラマ「大貧乏」を見逃したことがきっかけで、FOD(フジテレビオンデマンド)の「無料お試し」を使いました。無料お試しついでに、その他の見放題動画もかなりの数を見ることができました

 

私が約1か月間の「無料お試し」期間の中で視聴した動画を一覧でまとめてみました。個人的には「最高の離婚」が見放題だったのはかなりうれしかったですね。一気見してしまいました(笑)。

 

■31日間無料お試し中に視聴した動画
===============

  • 「大貧乏」第2話
  • 「ガリレオ」全話
  • 「最高の離婚」全話
  • 「幽遊白書」5~6話分
  • 「放送禁止」

※配信動画は2017年1月時点

 

↓ツイッターの感想

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

僕たちがやりました(僕やり)第2話見どころ

 

ドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」第2話の見どころをまとめました。第1話ラストの衝撃展開から始まる第2話。見どころがかなり多いです。

 

原作漫画に忠実なところもあれば、ドラマオリジナル要素の部分もありました。原作を知っていても、知らなくても楽しめる内容になっていると思います。

 

そんな「僕たちがやりました(僕やり)」第2話の見逃し厳禁な見どころを「ストーリー」「注目キャスト」「セリフ」の三つに分けて紹介していきます。

 

大きなネタバレは避けますが、前情報ゼロで動画を見たい方は飛ばしちゃってくださいね。

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

見どころ①「ストーリー」

ドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」第2話のストーリーを簡単にまとめてみました。原作を読んでいる私にとっては、第2話の展開が一番面白いと思っています。

 

爆発事件を起こしてしまったトビオ。事態は最悪な方向に進んでいきます。そんなことをするつもりがなかっただけに、「こんなはずはない」「間違いだ」と思い込もうとするトビオたち。

 

ここの心理描写がものすごくリアル。仮定をたてて、「現実逃避」しようとするトビオたち。ですが、その仮定はことごとく現実のもとに否定されていきます。

 

見ているこちらまで不安になってくる展開。第2話は間違いなく見逃し厳禁な展開です。

 

■僕たちがやりました(僕やり)第2話ストーリー
===============
俺の人生そこそこ楽しければいい。

 

高校生のトビオ(窪田正孝)は、毎日をそこそこ楽しく生きていた。金持ちのセンパイや同級生と遊ぶ毎日。トビオはそんな毎日に満足していた。しかしトビオのそこそこ幸せな毎日はある日突然終わる。

 

トビオたちの通う凡下高校の向いにある、矢波高校(通称:やば高)。不良の集まる学校である。凡下高校の生徒は、やば高の生徒に何度か暴行をされていた。

 

トビオたちはやば高には関わらないようにしていた。しかしある日、マル(葉山奨之)がやば高の陰口を言ったことで事態は一変する。やば高のナンバー1・市橋に目をつけられるトビオたち。

 

マルは市橋に連れ去られボコボコにされてしまう。怪我を負ったマルを目の前にしてトビオは怒りに打ち震える。そして勢いである言葉を口にする。

 

「あいつら殺そう。俺たちで」

 

ほんの仕返しのつもりだった。本当に殺すつもりなんてなかった。金持ちのパイセンは小さな爆弾を用意。やば高に忍び込み、仕掛ける計画をたてる。

 

作戦は無事に成功し、やば高に仕掛けた爆弾を次々と起爆させていく。突然のことに慌てるやば高の不良たち。そんな姿を見て爆笑するトビオたち。これで目的は達成したはずだった。

 

しかし、想像していなかったことが起こる。仕掛けた爆弾の威力をはるかに上回る大爆発が起きたのだ。この事件によって、トビオの”そこそこ”な人生は永遠に失わえれることになる。

 

やば高の大爆発は10名の死者が出るほどの事態に発展。警察の捜査も始まる・・・。

 

トビオ、パイセン、マル、伊佐美は、逮捕の恐怖におびえるが、パイセンのある一言によって雰囲気は一変する。

 

見どころ②「キャスト」

「僕たちがやりました(僕やり)」第2話の中での注目キャストを紹介します。第2話の中で特に注目してほしいのは、パイセン演じる今野浩喜さん。

 

第2話では、パイセンがとんでもない現実逃避をします。状況的に自分たちが爆発事件を起こした張本人だということは明らか。ですが、そんな現実を受け止められなくてある仮定を出して現実逃避します。

 

そしてトビオ、マル、伊佐美もその仮定に乗ろうとします。

 

客観的に見れば「それは無い」と思ってしまうようなこと。ですが、追い詰められた極限状態ということを頭に入れれば、そういう仮定が出てくるのも納得してしまいます。

 

「信じている」というよりは「信じたい」という表現の方が近いかもしれません。

 

さらに第2話では、パイセンは物語の今後の展開に関わる重要な提案をします。この展開から、物語はさらに面白くなっていきます。

 

見どころ③「セリフ」

「僕たちがやりました(僕やり)」第2話の中で印象に残るセリフを5つピックアップしてみました。物語が急展開する回なだけに、印象的なセリフが多いですね。

 

特に爆発事件を起こしてしまったトビオたちのセリフに注目です。状況が整理できていないけど、「とんでもないことを起こしてしまった」と自覚していく様子がセリフに表れています。

 

特に見逃し厳禁なのは、5つ目に紹介するトビオのセリフ。色々なことが起きすぎてワケが分からなくなった末のセリフです。原作でも印象的なシーンで使われています。

 

あいつ死んだの!?

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第2話より

 

一つ目に紹介するのは、トビオ(窪田正孝)のセリフ。

 

トビオは事件決行の日の夜に、幼馴染の蓮子(永野芽郁)とカラオケにいく約束をしています。事件に動揺した状態でカラオケに向かいます。蓮子とのカラオケ中も事件のことが頭から離れません。

 

そんな中、蓮子に市橋(新田真剣佑)が死んだらしいという情報を聞きます。この蓮子の一言によって事件の現実味が一気に増していきます。

 

このカラオケのシーンは見逃し厳禁な部分です。

 

人がいっぱい死んでんだぞ!!!

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第2話より

 

二つ目に紹介するのは、マル(葉山奨之)のセリフ。

 

いつもは呑気で何も考えてなさそうなマルが真剣に、深刻な言葉を使っています。マルも自分たちが起こした爆破事件を深刻に捉えているようです。

 

いつものマルとギャップがありすぎて、事態の重大さが伝わるセリフです。ちなみに、パイセン(今野浩喜)に対するセリフです。

 

人生終わるな

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第2話より

 

三つ目に紹介するのは、伊佐美(間宮祥太朗)のセリフ。

 

トビオ、マル、パイセンの中で一番冷静な伊佐美。事態の深刻さに現実味を持てないでいるトビオたちとは違い、伊佐美はいち早く「自分たちが何をしたのか、これからどうなるのか」を理解しています。

 

そんな冷静な伊佐美が出した答えが「人生終わる」。この言葉は、ある意味正しい。「僕たちがやりました」の物語は伊佐美の言葉通りに進んでいきます。

 

伊佐美の言葉は正しいのですが、さらにとんでもないことが起きます。悪い意味でとんでもない事態・・・。

 

なんでか分かんねぇけど俺らが殺したんだよ

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第2話より

 

四つ目に紹介するのは、トビオ(窪田正孝)のセリフ。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」第2話の展開は、このセリフに集約されている気がします。ほんのささやかなイタズラ心が招いた大事件。本当に殺すつもりなんてなかったトビオたち。

 

ですがそんなの意思とは異なり、実際には10人もの人が死ぬ事態になります。トビオにとっては「なんでか分かんねぇ」というのが本音だと思います。

 

キスしない?

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第2話より

 

五つ目に紹介するのもトビオのセリフ。

 

幼馴染で気になる存在の蓮子(永野芽郁)への言葉。このセリフは、トビオが自分のしたことを理解してきた段階で使われます。理解したところで受け入れられるものではなく、トビオの頭がぐちゃぐちゃになっています。

 

そんなワケが分からなくなっている状態で、蓮子に「キスしない?」。複雑な心理状態でのセリフ。窪田正孝さんの演技力の高さが分かるセリフだと思います。

 

「僕やり」第2話見逃した!動画を見る方法まとめ

ドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」第2話を見逃した!そんな場合の対処法について紹介してきました。内容を3行でまとめてみました。

 

■3行まとめ
===============

  • 「僕たちがやりました(僕やり)」第2話を見逃すと話についていけない
  • 見逃し配信で動画は見れない
  • 動画を見るならFODがおすすめ

 

フジテレビ系列のドラマは大抵見逃し配信しているのですが、「僕たちがやりました(僕やり)」は見逃し配信に対応していません。

 

第2話の動画を見るには、FODを使う必要があります。FODでは「31日間無料お試しキャンペーン」を実施中なので、動画を見ようと思う方はぜひ試してみてください。

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」