8/22(火)放送予定の「僕たちがやりました(僕やり)」第6話。リアルタイムで見たいですが、見れない方や見逃してしまう方も多いはず。

 

というワケで、今回は「僕たちがやりました(僕やり)」第6話の放送を見逃してしまったときの対処法について紹介していきます。

 

実は「僕たちがやりました(僕やり)」は見逃し配信をしていません。ではどうやって動画を見るのか。フジテレビの公式サービスを使って動画を視聴することは可能でした。

 

私も実際のそのサービスを使って動画を視聴したことがあります。使ってみた感想を交えながら紹介していきますね。

 

最初に言っておくと、公式サービスなのでフル動画で高画質です。

 

僕たちがやりました(僕やり)第6話「一生苦しめぇぇ」

 

ドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」。第6話(8/22(火)放送)の予告動画の中に印象的なセリフがあったので、ピックアップしてみました。

 

原作にも出てくるのですが、かなりゾワッとするセリフです。

 

一生苦しめぇぇ・・・

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第6話より

 

飯室(三浦翔平)の、トビオたちをどん底に突き落とすセリフ。トビオはこの言葉にずっと苦しむことになります。

 

それほど強い言葉ですよね。特に罪の意識を感じているトビオにとっては、一番聞きたくない言葉に違いありません。

 

飯室の表情にも要注目ですね。

 

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

頭に残るセリフですよね。

 

僕たちがやりました(僕やり)第6話フル動画を見る方法

 

「僕たちがやりました(僕やり)」に限らず、ドラマの放送を見逃したときにはyoutubeなどの動画サイトで動画を探す方も多いかもしれません。私も一時期検索していたことがあります。

 

探したことのある方なら分かると思いますが、動画サイトにアップされているものは「削除済動画」だったり、「音ズレ・倍速・画質荒い」などの加工されている動画がほとんど。

 

中でも最後の部分が切れてるフルじゃない動画は一番最悪。

 

そんなワケで、動画サイトで「僕たちがやりました(僕やり)」などのドラマ動画を探すのはあまりおすすめできません。

 

フジテレビ公式サイトなら、フルで高画質な動画が視聴可能。もちろん途中で切れることのないフル動画です。

 

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

公式サービスという安心感はありますね。

 

見逃し配信で動画は見れない

 

公式サービスと聞くと、「見逃し配信」が思い浮かぶ方もいると思います。「TVer」などの見逃し配信サイトも浸透してきましたよね。

 

見逃し配信は便利なサービスですが、全ての番組が見逃し配信をしているとは限りません。

 

そして残念なことに、「僕たちがやりました(僕やり)」は見逃し配信に対応していません。見逃し配信で動画を見ることはできないんです。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」の動画をフルで視聴する方法はほかにあります。もちろんその方法もフジテレビの公式サービス。

 

フジ公式サービスで、フル動画視聴可能!

 

「僕たちがやりました(僕やり)」のフル動画が視聴できるサービスは、フジテレビの公式動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」。

 

FODでは、放送中のドラマをはじめ、映画やアニメなどの動画も配信しています。ただし、フジテレビの系列作品に限ります。「僕たちがやりました(僕やり)」は、フジテレビの系列ドラマなので配信しています。

 

公式サービスならではなのかもしれませんが、動画の配信開始が早いというのもありがたい点。

 

放送が終了したその日のうちに動画の配信が始まります。見逃してすぐ視聴したいという方にもおすすめできます。「僕たちがやりました(僕やり)」第6話の配信日時は以下の通り。

 

■「僕たちがやりました」第6話の配信日時
===============
2017年8月22日(火)23:30~

 

フジテレビの公式動画配信サービス「FOD」。すごく便利なサービスですが、注意しておきたい点もあります。それはお金がかかるということ。「僕たちがやりました(僕やり)」を無料視聴することはできません

 

動画を視聴するには、月額コースへの入会が必須。最低でも1話分300円が必要になります。見逃したドラマの代償としてはちょっと痛いですよね。

 

ですが

 

FODは現在「31日間無料お試しキャンペーン」を実施中。このキャンペーンを使うことで、月額料金が無料になります。

 

さらに

 

無料お試しの開始と同時に100ポイントもらうことができます。このポイントを使えば、「僕たちがやりました(僕やり)」第6話の動画を実質200円で視聴することが可能。

 

少しでもお得に動画を見たいのであれば、「31日間無料お試しキャンペーン」を使うことをおすすめします。

 

「31日間無料お試しキャンペーン」はいつ終了するか分からないサービス。気になっている方は今のうちがチャンスだと思います。

 

↓ツイッターの感想

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

無料お試し【使ってみた感想】

FOD(フジテレビオンデマンド)の「無料お試し」を実際に使ってみた感想を書いていきます。

 

私も見逃したドラマがきっかけで、「無料お試し」を使いました。小雪さん主演のドラマ「大貧乏」を見逃してたんですよね。見逃し配信も終わってたので、FOD(フジテレビオンデマンド)で視聴することにしました。

 

目的の「大貧乏」の動画は問題なく視聴できました。実際に使ってみて、「良い点」「不満点」があったのでそれぞれ挙げてみますね。

 

まず「良い点」は、見放題対象の動画も多いということ。無料お試しで視聴可能は動画は、「僕たちがやりました(僕やり)」のようにポイントを消費する動画だけではありません。

 

ポイントを消費しない見放題の動画もあるんです。ドラマでいえば「コードブルー」「警視庁いきもの係」「セシルのもくろみ」「昼顔」などなど。

 

映画なら「心が叫びたがってるんだ(アニメの方)」「蛇にピアス」「踊る大捜査線」などなど。映画は正直微妙かも。

 

目的の動画以外にも、結構楽しめると思うので無料お試しを使う場合は、色々と見てみることをおすすめします。私の場合はドラマ「最高の離婚」を一気見してしまいました。

 

過去のドラマ動画は、割と見放題対象作品が多いですね。

 

一方で「不満点」は、「良い点」と関係してくるのですが、見放題対象作品とポイント消費作品が混ざっていること。この点は誤解が多そうな部分。放送中のドラマの中でも混ざってますからね。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」が見放題対象だと思って、ガッカリされる方も少なくないのではないでしょうか。この点は改善の余地ありかなと個人的には思います。

 

不満点を挙げつつも、私は無料お試しをかなり堪能させてもらいました。私が約1か月の無料お試し期間中に視聴した動画を一覧でまとめてみました。参考になるかは分かりませんが(笑)。

 

■31日間無料お試し中に視聴した動画
===============

  • 「大貧乏」第2話
  • 「ガリレオ」全話
  • 「最高の離婚」全話
  • 「幽遊白書」5~6話分
  • 「放送禁止」

※配信動画は2017年1月時点

 

↓ツイッターの感想

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

僕たちがやりました(僕やり)第6話のあらすじ

 

「僕たちがやりました(僕やり)」第6話のあらすじを簡単に紹介していきます。

 

「青春逃亡劇」と宣伝でも言っているとおり、「僕たちがやりました(僕やり)」の主人公・トビオは警察ややば高の不良から逃げ回ってきました。

 

そんな逃亡生活もついに終わります。第6話の予告動画でも言っていましたが、これがさらなる絶望の始まりでした・・・。

 

原作を知っているだけに、「僕たちがやりました(僕やり)」第6話で待ち受ける展開にソワソワしています。トビオたちの明るい笑顔が痛々しく見えてきます。

 

また、見逃し厳禁なのはドラマオリジナルの展開。原作にはいない登場人物・菜摘先生(水川あさみ)がついに動き出します。

 

■僕たちがやりました(僕やり)第6話ストーリー
===============
マル(葉山奨之)が、やば高の不良にボコボコにされた。このことがきっかけで、トビオ(窪田正孝)たちの”そこそこ”な日常は崩れ去っていく。

 

やば高にイタズラ用の爆弾が、近くのプロパンガスに引火。大爆発が起きてしまう。その爆発でやば高生徒が10人死んでしまう。

 

やば高の教師に目撃されていたパイセン(今野浩喜)は警察に捕まり、トビオ、マル、伊佐美の逃亡生活が始まった。

 

トビオは、罪の意識にさいなまれながら、どんどん正常な判断を失っていく。真犯人の証拠を見つけようともするが、見つかるのは自分たちが犯人だという確固たる証拠。

 

マルには裏切られて金を持ち逃げされ、伊佐美の彼女・今宵(川栄李奈)と親しい関係になってしまう。色々なものを失ってしまったトビオ。絶望の中にあった彼を救ったのは、ある人物だった。

 

その人物とは警察に捕まったはずのパイセン。

 

真犯人を名乗る人物が警察に出頭したことで、パイセンは釈放されたのだ。そして「爆発事件は自分たちの責任ではない」ということを告げる。

 

トビオが一番知りたかった事実。トビオはついに罪の意識から解放されることになった。パイセンの帰還により、失われた友情も復活。トビオたちの逃亡生活は終わりを告げた。

 

はずだった・・・。

 

日常の生活に戻るトビオ。蓮子(永野芽郁)と市橋の関係を心配していたが、蓮子との会話の中で誤解は解ける。そして二人は親密な雰囲気になっていく。

 

トビオが幸せを感じているのと同時に、パイセンもまた幸せを感じていた。驚くことに、トビオたちの通う高校の教師・菜摘(水川あさみ)にデートに誘われたらしい。

 

驚くトビオたち。パイセンは一人では不安だからと、トビオたちにも隠れてついてきてほしいと頼む。面白そうな話に食いつくトビオ。

 

しかし、菜摘がパイセンをデートに誘ったのには全く別の思惑があった。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」第6話のあらすじをまとめてみました。色々と見逃せない部分がありますよね。

 

そんな「僕たちがやりました(僕やり)」第6話の予告動画の中から、気になるセリフを5つ抜き出してみました。

 

私的に一番気になっているのは、西塚(板尾創路)のセリフ。西塚も、たしか原作にはいない登場人物。原作にも弁護士は出てきましたが、ここまで存在感のある人物ではありませんでした。

 

それだけに、この人物のセリフが何を意味するのかがとても気になります。どうやら菜摘先生(水川あさみ)と何らか関係しているようなのですが。予告動画を見ただけでは、詳細は分かりません。

 

そんな西塚のセリフも含めて、第6話の予告動画の中から気になったセリフを5つ挙げてみます。

 

元に戻そ

全部ッ!!!

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第6話より

 

一つ目は、トビオ(窪田正孝)のセリフ。今まで「殺人を犯した」という罪の意識にさいなまれてきたトビオ。それがパイセンの釈放で罪の意識から解放されてテンションが上がっています。ですが・・・。

 

ずっと信じてたんだ

トビオは犯人じゃないって

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第6話より

 

二つ目は、蓮子(永野芽郁)のセリフ。蓮子はトビオの幼馴染で、トビオに対して特別な感情を抱いています。トビオを信じる蓮子。この後の展開を考えると、胸が苦しくなってきます。

 

俺たちがしたことは消えない

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第6話より

 

三つ目は、ある人物のセリフ。詳しく書くとネタバレになるので書けませんが、重たい言葉であることは伝わると思います。

 

なんでそんな本当にヤバイやつ

今ここで言うんですか!?

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第6話より

 

四つ目は、トビオのセリフ。このセリフは原作にもありますね。パイセンのある告白にかなり動揺しています。状況を考えると、あまり笑えないシーンかもしれません。

 

復讐するためだったんですよね

引用:「僕たちがやりました(僕やり)」第6話より

 

五つ目は、西塚(板尾創路)のセリフ。西塚は裏社会で活動する弁護士。真面目そうな見た目とは裏腹に、やっていることはとんでもないことだったりします。

 

私が「僕たちがやりました(僕やり)」第6話で一番気になっているセリフです。

 

「僕たちがやりました(僕やり)」第6話は8/22(火)放送予定。リアルタイムで見れない方や、見逃した方はFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴してみてください。

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

「僕やり」第6話見逃した!フル動画を見る方法まとめ

「僕たちがやりました」略して「僕やり」。第6話の放送は8/22(火)。放送を見逃した方は、今回紹介した動画視聴方法を試してみてください。

 

■3行まとめ
===============

  • 「僕たちがやりました(僕やり)」第6話を見逃すと話についていけない
  • 見逃し配信で動画は見れない
  • 動画を見るならFODがおすすめ

 

ますます見逃し厳禁な展開に突入する「僕たちがやりました(僕やり)」。原作とは違う方向も気になりますよね。公式発表によれば、原作とは違う結末が用意されているようですからね。

 

ドラマオリジナル展開が描かれる「僕たちがやりました(僕やり)」第6話は、結末に関わる見逃し厳禁な回といえそうです。

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」