「新参者」の過去作品の動画を視聴したい!そんな場合に便利な動画配信サービスをまとめてみました。

 

これまで放送されたドラマ、SPドラマ、映画などなど。シリーズ完結編「祈りの幕が下りる時」の公開に合わせてこれまでの「新参者」をぜひチェックしてみてください。

 

ネットで動画を視聴するので、スマホでも、タブレットでも、パソコンでも動画を見ることができます。

 

新参者 過去作品の動画を見る方法

 

2010年に放送されたドラマ「新参者」。阿部寛さんが主演を務め、絶大な人気を得ています。これまで連続ドラマ、SPドラマ2本、映画2本が制作されています。

 

2018年に公開される映画「祈りの幕が下りる時」がシリーズ完結編となります。

 

映画公開に合わせて、過去の作品の動画を見たいという方も多いと思います。というワケで、動画配信サービスでの動画配信状況をチェックしてみました。

 

2012年公開の映画「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」と、2014年放送のSPドラマ「眠りの森」は動画配信中です。下記で動画配信先と、視聴方法について紹介していきますね。

 

「新参者」動画配信まとめ
■連続ドラマ「新参者」
・2010年放送
・動画配信「×」

 

■SPドラマ「赤い指」
・2011年放送
・動画配信「×」

 

■映画「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
・2012年公開
・動画配信「〇」
→U-NEXTで動画配信中

 

■SPドラマ「眠りの森」
・2014年放送
・動画配信「〇」
→Huluで動画配信中

 

■映画「祈りの幕が下りる時」
・2018年1月公開

 

※2017年12月27日時点

 

ドラマ神ドラマ神

「新参者」の動画を見ることができるのは、「U-NEXT」「Hulu」という2つの動画配信サービスのようじゃな。

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

映画「祈りの幕が下りる時」の公開に合わせて、配信中の動画も変動がある可能性が高いです。動画視聴を考えてる方は急いだ方がよさそうですね。

動画の公開が終了する可能性も考えられます・・・。

 

U-NEXTで動画を見る方法

 

動画配信サービス「U-NEXT」。映画「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の動画が配信中です。

 

ネックなのは、料金が高い点。月額1990円(税抜)かかります。「新参者」の動画だけが目当てだと割高ですよね。

 

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

月額料金が割高なU-NEXTですが、「31日間無料トライアル」を実地中。お得に動画を視聴することができます。

U-NEXTで配信中の「新参者」動画
映画「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」

 

31日間無料トライアル

 

U-NEXTは現在「31日間無料トライアル」を実施中。

 

無料期間中に解約すれば月額料金は一切かかりません。ちなみに解約は1分で終わりました。

 

無料トライアルとはいっても、動画が無料になるワケではありません。月額料金(1990円)が無料になります。

 

ですが

 

無料トライアルを開始すると、自動的に600ポイントもらうことができます。

 

このポイントを使って見逃したドラマなどを視聴することが可能。見放題とはいきませんが、確実に1本分(例:映画1本:432ポイント)はフルで視聴可能です。

 

↓無料トライアル開始はコチラから
U-NEXTの無料トライアルは31日間!

 

口コミ

 

↓無料トライアル開始はコチラから
U-NEXTの無料トライアルは31日間!

 

Huluで動画を見る方法

 

動画配信サービス「Hulu」。2014年に放送されたSPドラマ「”新参者”加賀恭一郎「眠りの森」」の動画が配信中です。

 

U-NEXTとは違い、Huluでは配信されている動画が全て見放題になります。これは大きなメリットですね。

 

ネックとなるのは、無料トライアル期間の短さ。U-NEXTの31日間に対して、Huluでは2週間となっています。「新参者」の動画を見るだけであれば、問題ない気もしますが。

 

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

Huluは海外ドラマにも強いですね。「新参者」の動画を見終わったら、他の配信動画をチェックしてみるのも楽しいと思いますよ。

Huluで配信中の「新参者」動画
“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」

 

2週間無料トライアル

 

動画配信サービス・Huluは有料サービス。動画を見るには月額で933円(税抜)かかります。

 

ですが

 

今ならこのサービスを期間限定で無料で使うことができます。Huluは現在「2週間無料トライアル」を実施中。2週間の間は無料でサービスを利用することができます。。

 

無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。ちなみに、解約は1分ほどで終わります。

 

さらに

 

Huluなら、無料期間中であっても配信動画はすべて見放題。

 

↓無料トライアル開始はコチラ
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

口コミ

 

↓無料トライアル開始はコチラ
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

新参者シリーズ【ドラマ・SPドラマ・映画】

これまでの「新参者」シリーズを一気にまとめてみました。各作品の「あらすじ」「キャスト」「動画視聴方法」をそれぞれまとめています。

 

公式動画でもこれまでのシリーズが紹介されていますね。振り返り動画を貼り付けておきます。

 

↓5分で分かる新参者

 

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

一つ目の映画「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」では、新垣結衣さんが出演しています。新垣結衣ファン目当てで見る方も多いようですね。

 

ドラマ版「新参者」

2010年にTBSで放送されたドラマ「新参者」。東野圭吾さんの小説を原作に持ち、放送前から話題になっていました。

 

「新参者」シリーズの最初ということで、加賀恭一郎が日本橋署に異動してくるところから物語が始まります。

 

このドラマが人気出たからこそ、後にスペシャルドラマが放送され、映画化もされました。このドラマが無ければ、2018年公開の映画「祈りの幕が下りる時」も制作されることはありませんでした。

 

あらすじ

物語の舞台は日本橋・人形町。そこで一人の女性が殺害される。

 

事件の捜査を担当するのは、新入刑事・加賀恭一郎。彼は日本橋署に異動してきたばかりの刑事であった。加賀とタッグを組むのは、若手キャリアの松宮。加賀とは従兄弟にあたる。

 

加賀は松宮と一緒に事件の捜査を進める。

 

事件の捜査線上に挙がった容疑者は、なんと人形町商店街に住む全員。加賀は鋭い洞察力で容疑者を絞っていく。最後に残った人物とは・・・。

 

キャスト

  • 阿部 寛
  • 黒木メイサ
  • 向井 理
  • 溝端淳平
  • 木村祐一
  • 泉谷しげる
  • 笹野高史
  • 原田美枝子
  • 三浦友和

 

動画視聴方法

連ドラ版の「新参者」は動画配信されていませんでした。(2017年12月27日時点)

 

SPドラマ「”新参者”加賀恭一郎「眠りの森」」

2014年のお正月に放送されたスペシャルドラマ。時系列的には連ドラ版「新参者」よりも前が描かれています。

 

劇中で加賀は、警視庁捜査一課の巡査部長という役職です。ドラマ版「新参者」では警部補という役職でしたよね。階級が低く描かれています。

 

また、ドラマ版「新参者」ではすでに故人となっていた加賀の父親も登場します。

 

ちなみに、一連の「新参者」シリーズとは別枠で1993年にも一度スペシャルドラマ化されています。2時間ドラマ枠で放送されたようですね。二度目のスペシャルドラマ化ということで、「新参者」の中でも人気の高いエピソードであることがうかがえます。

 

あらすじ

加賀恭一郎はバレエ「白鳥の湖」を見に来ていた。しかし加賀はバレエに全く興味はなかった。ひょんなことから、何故かバレエを見ることになったのだ。

 

徹夜明けで、さらに興味もないバレエの公演。加賀は観劇の途中で居眠りをしてしまう。

 

目を覚ました加賀は、黒鳥に目を奪われる。黒鳥を演じていたのは、浅岡未緒(石原さとみ)。加賀はいつの間にか目が離せなくなっていた。

 

そんなある日、公演を主催する名門・高柳バレエ団の事務所で殺人事件が起こる。加賀はこの事件を前のめりで捜査していくのだが・・・。

 

キャスト

  • 阿部寛
  • 松尾貴史
  • 名高達男
  • 石原さとみ
  • 音月桂
  • 木南晴夏
  • 柄本明
  • 山﨑努
  • トリンドル玲奈
  • 仲間由紀恵

 

動画視聴方法

Huluで動画配信中です。

 

↓無料トライアル開始はコチラ
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

映画「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」

2012年に公開された「新参者」の映画版。

 

ドラマ版「新参者」、SPドラマ「赤い指」の続編ですね。全国公開されて映画観客動員ランキングで初登場2位となるなど、興行的にも成功したようですね。

 

日本橋が物語の鍵となったようで、ロケ地巡りも盛んに行われたようですね。

 

↓予告動画

 

あらすじ

一人の男が日本橋で殺害された。欄干にもたれかかった男を巡査が発見。死にかけていた男は、病院に搬送後まもなく死亡してしまう。

 

加賀と松宮も事件の捜査に参加することになる。捜査線上に浮かび上がったのは、若い男。事件現場から立ち去る姿を目撃されている。しかし、加賀は容疑者から話を聞くことができない。

 

その若い男は、現場から逃走中にトラックにはねられ昏睡状態になっていたのだ。

 

現場の状況から、警察は事件の犯人を若い男に断定。しかし、加賀は事件の捜査を進めていくうちにある事実に気づく・・・。

 

キャスト

  • 阿部寛
  • 新垣結衣
  • 溝端淳平
  • 松坂桃李
  • 菅田将暉
  • 山崎賢人
  • 柄本時生
  • 黒木メイサ
  • 向井理
  • 三浦貴大
  • 劇団ひとり
  • 秋山菜津子
  • 鶴見辰吾
  • 志賀廣太郎
  • 松重豊
  • 田中麗奈
  • 中井貴一

 

キャストの中で注目されたのは、新垣結衣さん。容疑者の恋人役で出演しています。物語の鍵を握る重要な人物です。

 

劇中で、ある展開があり新垣結衣さんが号泣するシーンがあります。予告動画でもそのシーンが使われていますが、見ているこちらまで泣けてきます。

 

動画視聴方法

U-NEXTで動画配信中です。

 

↓無料トライアル開始はコチラから
U-NEXTの無料トライアルは31日間!

 

映画「祈りの幕が下りる時」

ドラマ、スペシャルドラマ、映画など様々な展開を見せていた「新参者」シリーズ。映画化第二弾にあたる「祈りの幕が下りる時」で完結となります。

 

「なぜか加賀恭一郎は新参者になったのか」に迫る内容となっています。物語の主人公である加賀恭一郎にスポットがあたる物語ですね。「新参者」の中核に迫る内容とも言えますね。

 

映画「祈りの幕が下りる時」予告動画

 

あらすじ

アパートで女性の死体が発見された。

 

被害者は、滋賀県に住む押谷道子。彼女は絞殺死体となって発見される。現場となったアパートは、東京都葛飾区小菅。そのアパートでは、住人である越川睦夫が行方不明となっていた。

 

加賀は事件の捜査を進めていく。捜査線上に浮かびあがったのは、美人舞台演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。加賀は彼女が事件の犯人だと疑う。しかし、博美には完璧なアリバイがある。

 

行き詰まりの雰囲気漂う中、加賀は遺留品の中である事実を発見する。そして激しく動揺する。事件には失踪した加賀の母親に繋がっていたのだ・・・。

 

加賀は今回の事件で、自分の過去と向き合うことになる。

 

「加賀はなぜ新参者となったのか」

 

「新参者」物語最大の謎が紐解かれようとしていた・・・。

 

キャスト

  • 阿部寛
  • 松嶋菜々子
  • 溝端淳平
  • 田中麗奈
  • キムラ緑子
  • 烏丸せつこ
  • 春風亭昇太
  • 音尾琢真
  • 飯豊まりえ
  • 上杉祥三
  • 中島ひろ子
  • 桜田ひより
  • 及川光博
  • 伊藤蘭
  • 小日向文世
  • 山崎努

 

セリフ集

「新参者」シリーズの完結編にあたる映画「祈りの幕が下りる時」。予告動画の中から、印象的なセリフを3つ抜き出してみました。

 

シリーズ完結編ということで、気になるセリフが多いですね。中でも私が気になったのは、2つ目の加賀(阿部寛)のセリフ。加賀の過去に迫るセリフですね。

 

そんなセリフも含めて3つ紹介します。

 

まだ調べていないのは・・・俺?

・・・俺か。

引用:映画「祈りの幕が下りる時」

 

一つ目のセリフ。加賀のセリフですね。

 

鋭い洞察力で数々の事件を解決してきた加賀。ですが、今回の事件の捜査は難航するようです。捜査の中で浮上してきたのは、なんと加賀の母親。失踪していたという母親です。

 

加賀は、事件の捜査を進めていく中で自分の過去と向き合うことになるようです。

 

閃いたように「俺?」という言葉が印象的。自分の言葉をかみしめるように「・・・俺か」と続けているのも印象に残ります。

 

この事件は俺の過去と関わりが強すぎる

引用:映画「祈りの幕が下りる時」

 

二つ目のセリフも加賀。

 

私が映画の予告動画の中で一番印象に残ったセリフです。公式HPでキャッチコピー的に使われていますね。それだけキャッチーなセリフだということですよね。

 

事件の捜査の中で、加賀は自分の過去と向き合うことになります。加賀の過去には、一体どんな秘密が隠されているのでしょうか。

 

「新参者」シリーズ完結編である今作。最終章にふさわしいテーマですよね。私も加賀の過去がものすごく気になります。

 

・・・

引用:映画「祈りの幕が下りる時」

 

三つ目も加賀のセリフ(?)。

 

セリフというよりもシーンですね。予告動画の中のラストで登場するものすごく意味深なシーン。

 

ガランとした広い部屋で、一人パイプ椅子に座る加賀。うつむきながながながら何かを考えています。切なさもあり、不気味にも思えるシーン。

 

「新参者」最終章ということもあり、嫌な予感すらします。このシーンの意味は映画を見ることで判明するようです。