1/13(土)に放送されるドラマ「精霊の守り人(最終章)」第7話。

 

放送を見逃した時は、ネットで動画を見ることができます。

 

スマホでもパソコンでも動画を視聴することができて、すごく便利。私も見逃した時はネットで動画を見ています。

 

見逃したままにして話に置いていかれることが無いので、重宝しています。特に第7話はクライマックスに関係してくる大事な回ですからね。見逃し厳禁です。

 

そんな動画視聴方法を2つ紹介していきますね。

 

精霊の守り人(最終章) 第7話見逃した!動画を見る方法

 

「精霊の守り人(最終章)」第7話を見逃した!そんな時はネットのサービスを使って動画を視聴することができます。

 

放送が終了してまもなく動画の配信が始まるので、見逃してすぐに視聴したいという方にもおすすめできます。

 

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

ネットさえつながっていれば、スマホでもパソコンでも動画を見ることができますね。

 

TVerでは配信されていない

 

見逃し配信サイト「TVer」。テレビで放送された番組を1週間限定で配信してくれるという便利なサービス。

 

ですが、「精霊の守り人(最終章)」は見逃し配信サイトでは動画配信が行われていません

 

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

TVerなどの見逃し配信サイトは、民放ドラマには強いですがNHKのドラマには弱いようですね。

 

「動画配信サービス」で動画を見る

 

「精霊の守り人(最終章)」を見ることができるのは、動画配信サービス「「U-NEXT」」。

 

U-NEXTでは、「精霊の守り人(最終章)」をはじめ、放送中のドラマ、映画、アニメ、バラエティ、海外ドラマなど多岐ジャンルにわたって動画を配信中です。

 

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

NHK公式サービスという点が安心ポイントですね。

 

無料トライアルを使って視聴

 

U-NEXTは便利なサービスですが、注意しておきたい点もあります。

 

それは有料サービスだということ。月額で1990円(税抜)かかります。見逃したドラマ目的だとちょっと高いですよね。

 

ですが

 

U-NEXTは現在「31日間無料トライアル」を実施中。見逃したドラマをお得にフル視聴することができます。

 

無料期間中に解約すれば月額料金は一切かかりません。ちなみに解約は1分で終わりました。

 

無料トライアルとはいっても、動画が無料になるワケではありません。月額料金(1990円)が無料になります。

 

さらに

 

無料トライアルを開始すると、自動的に600ポイントもらうことができます。

 

このポイントを使って見逃したドラマなどを視聴することが可能。見放題とはいきませんが、確実に2話分(1話分:216ポイント)はフルで視聴可能です。

 

U-NEXTの「31日間無料トライアル」はいつ終了するか分からないサービス。終了のタイミングはU-NEXT次第。気になっている方は今のうちがチャンスかも。

 

↓無料トライアル開始はコチラから
U-NEXTの無料トライアルは31日間!

 

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

NHKオンデマンドでも「精霊の守り人(最終章)」は配信しています。ですが、こちらも有料サービス。無料トライアルのあるU-NEXTの方がおすすめですね。

 

3分で動画再生開始!

 

私はU-NEXTの無料トライアルをスマホから開始しました。開始手順はかなりシンプルで、動画の再生まで3分もかからなかったと思います。

 

■無料トライアル開始方法
===============

  1. 「無料トライアルで試してみる」をクリック
  2. メールアドレスなどを登録
  3. 無料トライアル開始!

 

↓無料トライアル開始はコチラから
U-NEXTの無料トライアルは31日間!

 

見放題対象の動画もある

U-NEXTでは、ポイントを消費しない見放題対象の動画もあります。

 

ちなみに、私も「31日間無料トライアル」の期間中は見放題の動画を見まくっていました。過度な期待は禁物ですが、結構楽しむことはできると思いますよ。

 

通勤電車の中スマホで見ていたので、無料トライアル期間中は通勤時間がちょっと楽しくなりました(笑)。

 

■無料トライアル中に見た動画
===============

  • ドラマ動画(35話分)
  • 映画動画(5本分)
  • バラエティ動画(10本分)

 

↓無料トライアル開始はコチラから
U-NEXTの無料トライアルは31日間!

 

不満点もある

不満点は、全ての動画が見放題にはならないという点。

 

上でも書きましたが、U-NEXTで配信されている動画は「ポイント消費動画」と「見放題対象動画」の二つ。

 

「精霊の守り人(最終章)」はポイントを使って視聴する「ポイント消費動画」です。無料トライアル開始時にもらえるポイントを使うことで2話分は確実に視聴することができます。

 

ですが、全話視聴することはできません。

 

無いものねだりなのはわかっているのですが、「全話視聴できたらいいのになぁ」と思うのが正直なところ。不満点というか、ないものねだりな話になってしまいましたね(笑)。

 

↓無料トライアル開始はコチラから
U-NEXTの無料トライアルは31日間!

 

口コミ

 

↓無料トライアル開始はコチラから
U-NEXTの無料トライアルは31日間!

 

Youtubeで精霊の守り人(最終章)の動画を探してみた

 

動画共有サイト「Youtube」。知らない人がいないほど有名なサイトですよね。Youtubeが人気の理由は、誰でも動画を視聴できて、誰でも投稿できる点。

 

問題となっているのは、「誰でも投稿できる」という部分です。

 

誰でも簡単に動画を投稿できるので、放送されたドラマ動画が投稿されることもあります。テレビ局が公式に動画をアップすることもありますが、Youtube上にアップされているのは、ほぼ個人が投稿した違法動画。

 

「精霊の守り人(最終章)」の動画がアップされている可能性もあります。

 

というワケで、Youtubeで「精霊の守り人(最終章)」の動画が視聴できるかどうか確かめてみました。

 

探した結果

私がYoutubeで「精霊の守り人(最終章)」の動画を検索した結果は以下のとおり。

 

Youtubeでの検索結果
  • アニメ版「精霊の守り人」の動画
  • アニメ版「精霊の守り人」エンディング曲
  • 前シーズンの動画
  • 視聴した感想がテキストで流れる動画
  • キャスト情報がテキストで流れる動画

 

アニメ版「精霊の守り人」や、第2シーズンの動画を見つけることはできました。ですが、現在放送中の「精霊の守り人(最終章)」の動画を見つけることはできませんでした。

 

タイミングや探す動画サイトによっては、「精霊の守り人(最終章)」の動画を見つけることができるかもしれません。ですが、それでも私は動画の視聴をおすすめできません。

 

おすすめできない最大の理由

私がYoutubeのでドラマ動画を視聴できない一番の理由を一言でまとめてみました。

 

動画を探しにくいうえに、加工されている動画も多い。さらにアップされているとは限らない。

 

ちょっと長くなりましたが、要は「面倒くさい」ということです。

 

上でも書きましたが、Youtubeにアップされているドラマ動画のほとんどは非公式な動画です。そのため、それなりの煩わしさを被ることになります。

 

「精霊の守り人(最終章)」はNHK公式の動画配信サービスで、動画が配信されています。私は公式サービスで確実に視聴することをおすすめします。

 

↓無料トライアル開始はコチラから
U-NEXTの無料トライアルは31日間!

 

精霊の守り人(最終章) 第7話見どころ

 

1/13(土)に放送される「精霊の守り人(最終章)」第7話。物語はクライマックスに向けて加速していきます。

 

第7話最大の見どころは、その戦争シーン。シンゴジラの監督が参加したという壮大な戦いのシーンは、テレビ史上最大ともいわれます。この言葉が過言ではないくらいすごい戦いのようです。

 

そんな第7話の見どころを紹介していきます。「あらすじ」「キーパーソン」「シンゴジラの監督」に関して、それぞれ情報をまとめていきます。

 

①「あらすじ」

■精霊の守り人(最終章) 第7話あらすじ
===============
強大な軍事力を持つタルシュ帝国

 

強大な武力を誇るタルシュ帝国。第二王子のラウル(高良健吾)は、他国への侵略をもくろんでいた。ラウルが攻めいろうとしているのは、北の小国。

 

新ヨゴ国、カンバル王国、ロタ王国であった。

 

このことを知ったのは、新ヨゴ国の皇太子・チャグム(板垣瑞生)。彼は強すぎるタルシュ帝国を前に一度は降伏する。しかし、国のことを想いラウルを裏切る。

 

チャグムはタルシュ帝国に対抗する道を選ぶ。

 

バルサとの再会

 

ラウルを裏切り、逃亡したチャグム。チャグムは隣国と同盟を組み、タルシュ帝国に対抗しようとしていた。チャグムは、カンバル王国へと向かう。その途中でラウルからの刺客に襲われる。

 

絶体絶命の危機を救ったのが、バルサ(綾瀬はるか)であった。

 

チャグムは、かつてバルサに命を救われている。幼いころにナユグの力に目覚めたチャグムは、父親の帝に命を狙われていた。そんなチャグムを守ったのがバルサであったのだ。

 

チャグムは、再びバルサに命を救われる。そして、バルサは再びチャグムの用心棒となる。二人の最期の旅はこうして始まった。

 

バルサの過去とチャグムの同盟

 

チャグムとバルサはカンバル王国へと入る。チャグムの目的はカンバル王国の君主・ログサム(中村獅童)と同盟を結ぶためである。全てはタルシュ帝国に対抗するため。祖国である新ヨゴ国を守るためである。

 

カンバル王国は、バルサの故郷でもある。そして因縁の地でもある。バルサは、カンバル王国で実の父を亡くしている。父を死に追いやったのは、君主のログサム。

 

チャグムが同盟を結ぼうとしている相手は、バルサにとっては親の仇なのである。

 

ルイシャ贈りの儀式

 

ログサムと対峙したバルサとチャグム。ログサムはバルサの神経を逆なでる。そこで、ログサムは「山の王を負かすことができれば、同盟を結ぶ」と条件を出す。

 

バルサは、ルイシャ儀式に挑むことになる。その儀式の中で自らの過去と向き合うことに案るバルサ。一方のログサムは闇に取り込まれて死んでしまう。

 

山の王が選んだのは、ログサムの息子・ラダール(中川晃教)であった。ラダールはカンバル王国の新たな君主となる。新ヨゴ国のチャグムとカンバル王国のラダールは、同盟を結び、タルシュ帝国と戦うことを誓い合う。

 

チャグムとバルサは別れ、お互いの道に進んでいく。

 

タルシュ帝国の侵攻

 

ついにタルシュ帝国の侵攻が始まった。戦火の中、タンダ(東出昌大)は深手を負う。バルサはタンダを探す。

 

そんな中再会したのは、マーサ(渡辺えり)やアスラ(鈴木梨央)。久しぶりの再会を喜び合う暇はなく、絶望感が渦巻いていた。

 

どうにかタンダを見つけたバルサ。しかしタンダの怪我は想像以上に深刻で・・・。

 

回を追うごとに、複雑化していく物語。面白さも増していきますが、ちょっと混乱してしまう部分も多いです。というワケで、「精霊の守り人(最終章)」第1話から第7話までのあらすじを一気にまとめてみました。

 

こうしてまとめてみると、すごくシンプルな話なんですね。

 

要は強大な軍事国家と、小国との戦いの話。そして前回ついに戦いの火ぶたが落とされました。第7話では激化する戦いの中で話が展開していきます。

 

激しい戦火の中、バルサはどのように切り抜けていくのでしょうか。そして、大切な人の命を守ることができるのでしょうか。

 

「精霊の守り人」は原作があるドラマ。ですが、私は原作もアニメも見ていません。そのため、ドラマ版「精霊の守り人」にめちゃくちゃワクワクしてみています。

 

クライマックスの見えてくる第7話。見逃し厳禁な回です。

 

②「シンゴジラの樋口監督参戦」

「精霊の守り人(最終章)」第7話の見どころは、なんと言っても壮大な戦いのシーン。日本のドラマでここまで壮大なスケールの戦いを見たことがありません。

 

大河ドラマですら、戦いの直接な描写は避けたりしますからね。

 

「精霊の守り人(最終章)」は、戦いの描写をハッキリとさせています。NHKが力を入れている作品であることが伝わってきます。

 

第7話の戦いのシーンには、有名監督も参加しています。2016年に公開されて大ヒットした映画「シンゴジラ」。日本を代表する映画を担当した樋口監督が第7話に参加しています。

 

嫌でも期待が膨らみますよね。

 

「精霊の守り人(最終章)」公式サイトでは「テレビ史上最大のスケール」と評しています。冗談ではなくテレビドラマでできる限界かもしれませんね。

 

第7話では、壮大な戦いのシーンに注目してみてみてください。

 

③「キーパーソンその1」

「精霊の守り人(最終章)」第7話の一人目のキーパーソンは、タンダ(東出昌大)。

 

タンダは戦火にまみれる新ヨゴ国の薬草師です。先住民ヤクーの血をひいています。バルサとは幼馴染の関係。幼いころからお互いのことを知っています。互いに信頼し合い、心配し合う特別な関係性。

 

第7話では、そんなタンダが戦争で重症を負っています。傷を負ったタンダを、バルサは必死に探します。

 

第7話のあらすじの中で、気になる言葉が掲載されています。

 

悪化したタンダの足をみたバルサは・・・

引用:https://www.nhk.or.jp/moribito/season3/story/07.html

 

なんだか不穏な空感を纏う言葉ですよね。タンダを見つけたバルサは、タンダの怪我の重さを知ります。そして足を・・・どうするのでしょうか。嫌な予感しかしません。

 

第7話のキーパーソンであるタンダがライフワークとしているのは、ナユグの研究。「精霊の守り人」のテーマともいえるナユグ。戦争を終わらせるカギとなるかもしれません。

 

プロフィール
■名前
東出昌大

■主な作品
「あまちゃん」
「ごちそうさん」
「花燃ゆ」
「あなたのことはそれほど」
「コンフィデンスマンJP」

引用:https://ja.wikipedia.orgより抜粋

 

④「キーパーソンその2」

「精霊の守り人(最終章)」第7話のもう一人のキーパーソンは、アスラ(鈴木梨央)。

 

三部作である「精霊の守り人」の第二シーズン「悲しき破壊神」の中心人物です。アスラはチャグムと同じくナユグの世界に触れることのできる特殊能力を持っています。

 

強い怒りを感じると、破壊神を召喚することができます。シリーズ2作目「悲しき破壊神」では、バルサとともにロタ王国を脱出しました。新ヨゴ国でマーサと暮らしていました。

 

第7話では、バルサとアスラは戦火の中で再会を果たします。

 

アスラもナユグ関連の人物。クライマックス目前の第7話で登場したということは、結末に関わるキーパーソンということです。

 

第7話以降も、アスラから目が離せません。

 

プロフィール
■名前
鈴木梨央

■主な作品
「カエルの王女さま」
「八重の桜」
「あさが来た」
「精霊の守り人II 悲しき破壊神」
「全力失踪」

引用:https://ja.wikipedia.orgより抜粋

 

【まとめ】精霊の守り人(最終章)第7話見逃したら

1/13(土)に放送されるドラマ「精霊の守り人(最終章)」第7話。放送を見逃した時の対処法を紹介してきました。内容を改めてまとめてみます。

 

まとめ
  • 第7話最大の見どころは壮大な戦いのシーン
  • 第7話の放送を見逃した場合は、U-NEXTで視聴可能
  • Youtubeはおすすめできない

 

↓無料トライアル開始はコチラから
U-NEXTの無料トライアルは31日間!