星野源さんが歌う朝ドラの主題歌「アイデア」。その歌詞の意味について紹介していきます。

 

印象的な歌詞をピックアップして、込められた意味を深読みしてみました。星野源さん自身のコメントも一緒に掲載しています。

 

最初に結論を言うと、「ものすごく前向きになれる歌詞」でした。

 

【関連】半分、青い。動画 見逃した方へ【放送終了後に配信開始】

 

スポンサーリンク

 

半分、青い。 星野源の主題歌の歌詞が話題

 

朝ドラ「半分、青い。」の主題歌を担当する星野源さん。主題歌を担当することが決まった直後から、かなり話題になっていました。

 

そして、待ちに待った主題歌の公開。ネットでは「不安が吹き飛んだ」「前向きになれる」「星野源らしい」など、様々な声が投稿されています。

 

聴く人に元気を与えるような楽曲です。ぜひ歌詞を読みながら主題歌「アイデア」を聴いてみてほしいです。

 

以下は、星野源さんのコメントです。このコメントを体現しているかのような歌詞でした。

 

オファーをいただき、胸が躍りました。

この「アイデア」という楽曲が、力強く生きる主人公・鈴愛と、今を生きる皆様の毎朝を支える一曲になればと思います。

引用:http://www.hoshinogen.com/news/#news454

 

ドラマ神ドラマ神

「毎朝を支える一曲」というコメントが印象的じゃのう。歌詞を読んだ後だからこそ、印象に残るコメントじゃ。

 

スポンサーリンク

 

主題歌「アイデア」の歌詞の意味

 

朝ドラ「半分、青い。」の主題歌「アイデア」。具体的な歌詞を紹介しつつ、そこに込められた意味を書いてみました。

 

個人的な見解も含まれていますが、聴く人によって様々な解釈ができる歌詞に仕上がっています。

 

「半分、青い。」のテーマにも通じる部分が多くある歌詞でした。

 

主題歌「アイデア」6つの歌詞
  • ①「おはよう 世の中」
  • ②「モノラルのメロディ」
  • ③「悲しみに青空を」
  • ④「塞ぐ影にアイデアを」
  • ⑤「雨の音で歌を歌おう」
  • ⑥「つづく日々を奏でる人へ」

 

ドラマ神ドラマ神

わしが好きなのは、1つ目の歌詞じゃ。具体的な朝の情景が浮かぶのう。

 

歌詞①「おはよう 世の中」

おはよう 世の中

夢をつれて繰り返した

湯気には生活のメロディ

引用:朝ドラ半分、青い。主題歌 星野源「アイデア」の歌詞より

 

一つ目の歌詞「おはよう 世の中」。

 

主題歌「アイデア」冒頭の歌詞ですね。朝ドラにぴったりな爽やかさがあります。

 

朝ドラは、月曜から土曜まで毎朝放送されます。そして、それが半年間続きます。出勤前に聴くサラリーマンもいれば、掃除、洗濯など本格的に家事をスタートさせる主婦もいます。

 

そんな朝の生活に彩を加えるような歌詞に感じました。

 

特に「湯気」という歌詞からは、生活感をイメージさせられます。コーヒーを淹れるためのやかんからの湯気。朝ごはんの味噌汁茶碗から立ち上る湯気。考えてみると、朝の生活には湯気が欠かせませんね。

 

半年間の間毎朝聴くことになる朝ドラの主題歌。爽やかな冒頭は、朝ドラにぴったりだと感じました。

 

歌詞②「モノラルのメロディ」

鶏の 歌声も

線路 風話し声も

すべてはモノラルのメロディ

引用:朝ドラ半分、青い。主題歌 星野源「アイデア」の歌詞より

 

二つ目の歌詞「すべてはモノラルのメロディ」。

 

主題歌「半分、青い。」の歌詞の中には、「音」に関するフレーズが散りばめられています。あらすじを知っている人はピンとくると思います。「音」は、「半分、青い。」の物語の内容に沿ったフレーズです。

 

ヒロインの鈴愛(永野芽郁)は、物語の中で左耳を失聴します。ヒロインは、片耳からしか音を聴くことができません。

 

そんなヒロインのことを表しているような歌詞ですよね。特に「モノラルのメロディ」という部分。モノラルとは、一つの音からなる再生のことを意味します。「片耳用の」という意味で使われることもあるようですね。

 

ヒロインは片耳からしか音が聴こえません。鶏の鳴き声も、線路の音も風の音もすべて片耳から。

 

単に「モノラル」ではなく、「モノラルのメロディ」と表現しているところにヒロインの明るい性格を感じさせます。

 

歌詞③「悲しみに青空を」

涙こぼれる音は

咲いた花がはじく雨音

悲しみに青空を

引用:朝ドラ半分、青い。主題歌 星野源「アイデア」の歌詞より

 

三つ目の歌詞「悲しみに青空を」。

 

「涙」「悲しみ」というフレーズが入っていますが、全然悲観的に感じません。むしろ、前向きさを強調させるために入れているように感じます。

 

朝ドラ「半分、青い。」のキャッチコピーは、「失敗って、楽しい。今日とは違う明日が、きっと見つかるから」。

 

「悲しみに青空を」という歌詞を読んでいると、「半分、青い。」のキャッチコピーを思い出してしまいます。

 

どこまでも爽やかで、前向きになれる主題歌ですね。

 

歌詞④「塞ぐ影にアイデアを」

つづく日々の道の先を

塞ぐ影にアイデアを

引用:朝ドラ半分、青い。主題歌 星野源「アイデア」の歌詞より

 

四つ目の歌詞「塞ぐ影にアイデアを」。

 

個人的に、主題歌「アイデア」の中で一番好きな部分です。タイトルにもある「アイデア」というフレーズが印象的に使われています。

 

朝ドラ「半分、青い。」の中でも、「アイデア」は重要なキーワードとなっています。物語の一つのテーマといっても過言ではありません。

 

ヒロインの鈴愛は、アイデアが豊富な少女。持前の発想力で、困難さえも前向きに、楽しいものに変換していきます。

 

例えば、病気で左耳の聴力を失った時、普通であれば悲劇に思い落ち込んでしまうと思います。ですが、ヒロインは片方の耳からしか聴こえない雨音を楽しみます。そして、「半分、青い。」とつぶやきます。タイトルにちながるエピソードですね。

 

悲劇すらも、「アイデア」によって楽しいものに変換する。「半分、青い。」のヒロイン・鈴愛は、そんな発想力を持っています。

 

「塞ぐ影にアイデアを」という歌詞からは、「半分、青い。」の物語のテーマ性と、ヒロインの性格が表現されているようです。

 

歌詞⑤「雨の音で歌を歌おう」

雨の音で歌を歌おう

すべて超えて響け

引用:朝ドラ半分、青い。主題歌 星野源「アイデア」の歌詞より

 

五つ目の歌詞は、「雨の音で歌を歌おう」。

 

「雨の音」という部分は、ヒロインが左耳を失聴した時のエピソードにちなんだ歌詞でしょうね。

 

普通であれば、「雨」という言葉からは「暗い」「ジメジメ」「悲劇」をイメージすることがあります。ですが、「アイデア」では雨を暗くてジメジメしたイメージを微塵も感じさせません。

 

三つ目の歌詞のところでも、同じようなことを書きましたが、「アイデア」では「涙」「悲しみ」「雨」など一般的に悲観的にとれるフレーズを入れています。

 

ですが、その全てを明るく前向きに変換しています。

 

変換するために必要なのは、「発想力」「アイデア」です。歌詞を通して聴くと、朝ドラ「半分、青い。」のテーマ性が浮かんでくるようです。

 

歌詞⑥「つづく日々を奏でる人へ」

つづく日々を奏でる人へ

すべて超えて届け

引用:朝ドラ半分、青い。主題歌 星野源「アイデア」の歌詞より

 

六つ目の歌詞は、「つづく日々を奏でる人へ」。

 

星野源さんの想いや願いが詰まったメッセージ性の強い歌詞だと思います。「すべて超えて響け」「すべて超えて届け」という歌詞からは、聴いているすべての人にメッセージを届けたいという星野源さんの強い想いが伝わってきます。

 

ちなみに、星野源さんの代表曲でもある「恋」でも「夫婦を超えてゆけ」「二人を超えて行け」「一人を超えて行け」という歌詞があります。「届いてほしい」という星野源さんのメッセージは、音楽活動全体に通底してあるものなのかもしれません。

 

星野源さんのコメントの中にもある「力強く生きる主人公・鈴愛と、今を生きる皆様の毎朝を支える一曲になればと思います。」という部分にも共通するところですね。

 

「つづく日々を奏でる人へ」という部分からは、日常を生きている人々に対するメッセージであることが分かります。主題歌「アイデア」は、全ての人に対する応援歌のように感じました。

 

スポンサーリンク

 

主題歌「アイデア」への口コミ

 

朝ドラ「半分、青い。」の主題歌「アイデア」に対する口コミを紹介していきます。

 

4/2(月)の第1話の放送後には、主題歌「アイデア」に関する口コミが殺到しました。この記事を書いているのも放送直後ですが、ツイッターには「アイデア」に関する投稿で溢れています。

 

中でも印象的な口コミを5つピックアップしてみました。

 

①「涙をこらえられない」

 

朝ドラ「半分、青い。」が放送されるのは、新年度がスタートする4月第1週の月曜日。この日が新年度の仕事始めという方も多いでしょう。

 

新社会人にとっては、出社一日目かもしれません。まさに、口コミの主は、これから出社しようとしている方のようです。

 

「涙をこらえられないくらい」という部分が印象的です。「アイデア」の歌詞で、不安が吹き飛んだとも書かれています。

 

星野源さんの「届いてほしい」という想いは、たしかに届いたようです。「今を生きる皆様の毎朝を支える一曲になれば」というコメントの通りになっていますね。

 

②「毎朝励ましてもらえ」

 

「アイデア」の歌詞を読むと分かりますが、すごく前向きでポジティブな歌です。上でも書きましたが、本当に朝ドラにふさわしい主題歌。

 

毎朝聴いて、「よし!今日も頑張ろう!」と気持ちを切り替えることのできる歌詞だと思います。

 

憂鬱な月曜日の雰囲気も吹き飛ばしてくれるような歌です。

 

③「世界観が、素敵です」

 

「世界観が見えてくる」というのは、星野源さんのどの作品も共通していることかもしれません。

 

歌詞を読んでいると、情景や人物が浮かんでくる気がします。「Family Song」では、子供の幸せを願う親。「恋」では、恋をする男性。そして、「半分、青い。」では、爽やかな朝の情景が浮かんできます。

 

世界観に共感できるから、「素敵」だと感じるのでしょうね。

 

④「湯気」

 

冒頭の歌詞の中にある「湯気」というフレーズ。このフレーズから、星野源さんの楽曲の「湯気」を連想したという口コミ。

 

星野源さんの楽曲の中でも根強い人気のある楽曲ですね。歌詞が意味深だという声もチラホラあります。

 

個人的な感想ですが、星野源さんの楽曲を聞いていると、全ての歌詞の中の世界がつながっているように感じることがあります。星野源さんが通底した世界観を持っているからなのでしょうが、それが一つ一つの歌詞に奥行を感じさせます。

 

⑤「歌詞見たらわかる」

 

星野源さんに対する信頼感が伝わってくる口コミです。メロディを聞かずとも、歌詞だけでもいい曲だと分かる。

 

なんとなく気持ちが分かります。

 

歌詞を読んで「いい曲」と思って、メロディと一緒に聴いて「ものすごくいい曲」と思うことが私にも何度か経験があります。

 

■関連記事
半分、青い|岐阜ロケ地(撮影場所)まとめ【岩村・土岐…】

半分、青い 脚本家は誰?北川悦吏子の評判は?

半分青いストーリー|ネタバレなし&あり

半分、青い。菜生キャストは奈緒【動画コメントあり】

半分、青い。子役キャスト一覧【真田丸のアノ子も!】

半分青い主演女優・永野芽郁|主役の役どころ・作品一覧・評価

半分青いキャスト一覧|相関図まとめ

永野芽郁 演技力の評価は?「うまい派VS下手派」

永野芽郁ドラマ出演作品一覧

朝ドラ半分、青い。音楽に期待大【主題歌とBGM】

半分、青い。藤堂誠(ボクテ)役キャスト・志尊淳【コメントに感動】

半分、青い。相手役キャストは2人【本人コメントあり】

半分、青い。どんな時代だった?【各年代の出来事まとめ】

半分、青い。舞台はどこ?岐阜と東京の…

半分、青い。タイトルの意味【オレンジデイズとつながってる】

半分、青い。中村倫也演じる朝井正人【最大最悪の恋敵】

半分、青い。草太キャストは上村海成【本人コメントあり】

半分、青い。実在もモデルはある?【ヒロイン・漫画家・扇風機…】