フジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。見逃し配信サイト「TVer」で1週間限定で無料視聴することが出来ます

 

視聴期間には注意が必要ですね。

 

 

放送を見逃した。見逃し配信も見逃した!」。そんな場合でもまだ間に合います。

 

フジテレビの公式動画配信サービスを使えば、見逃し配信期間が終了している場合でも動画を無料視聴することが出来ます。

 

見逃してから1週間以上の方へ|FOD無料お試しで動画視聴可能

 

FOD(フジテレビオンデマンド)では、見逃し配信の視聴期間が終わった動画も見ることができます

 

放送された全話配信中なので、1話から見返すことも可能です。

 

リサーチの丸尾リサーチの丸尾

FODでは、放送終了後まもなくして動画配信が始まります。配信のタイミングが早いのもありがたい点。

 

31日間無料お試しキャンペーン実施中

FOD(フジテレビオンデマンド)は、一部有料サービス。見逃し配信の終わった作品や、一部作品は動画を見るのに料金がかかります。コースにもよりますが、最低でも月額300円は必要になります。

 

見逃したドラマ目的だとちょっと痛いですよね。

 

ですが

 

今なら期間限定で無料視聴することが可能。FODは現在「31日間無料お試しキャンペーン」を実施中。約1か月間は、無料で動画を視聴することができます。

 

無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。ちなみに解約は1分ほどで終わりました。

 

さらに

 

無料お試し中は、対象動画は見放題になります。「コンフィデンスマンJP」も見放題対象なので、見逃した回だけでなく1話から見直すことも可能ですね。

 

「31日間無料お試しキャンペーン」は、いつ終了するか分かりません。気になっている方は、今のうちがチャンスかも。

 

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

見放題対象作品もそこそこ充実

FOD(フジテレビオンデマンド)では、「コンフィデンスマンJP」以外にも見放題対象の動画はあります。各ジャンルで人気の動画をピックアップしてみました。

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

口コミ

↓31日間無料お試しはコチラから
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

コンフィデンスマンJP 見逃したくない見どころ

 

第1話

見逃し厳禁ポイント

第1話の見逃し厳禁ポイントは、やはり物語の世界観ですね。結構ぶっ飛んだ設定で、ド派手な世界観が見ものの今作。

 

ドラマの脚本は、「リーガルハイ」を書いた古沢良太さん。「リーガルハイ」のような勢いのある世界観。ド派手にしているようで、きちんとリアリティも含めているのはさすがの仕事。

 

第1話の勢いが良すぎてひく人もいると思います。ですが、ハマる人はとことんハマっていく。そんな第1話になっています。

 

特に、第1話のダー子のキャラクターは見逃したくはないですね。

 

あらすじ

信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)。彼女は、その天才的な頭の良さと集中力で仕事をしていた。どんな専門知識でも短期間でマスターしてしまうので、あらゆる職業に扮することが出来ていたのだ。

 

やることなすことド派手で、少し天然。かなり変わった女性が、本作の主人公である。

 

ダー子は、二人の男と組んで詐欺をしていた。ボクちゃん(東出昌大)とリチャードだ。

 

ボクちゃんは、小心者で優しい性格。一刻も早くダー子たちと縁を切り、詐欺の世界から抜けたいと願っている。しかし、いつもダー子のペースにはまって抜け出せないでいた。

 

リチャードは、その品の良さからどんな人物でも初対面でも圧倒的に信頼感を獲得してきた。そして、その信頼を利用して騙す詐欺師だ。

 

ダー子たちが次のターゲットに決めたのは、赤星栄介(江口洋介)。彼は公益財団「あかぼし」の会長を務めている。表向きには、文化やスポーツの振興に寄与している。

 

しかし、裏の顔はどす黒く濁っていた。経済ヤクザ的な活動をしているまさに日本のゴッドファーザーであった。国税局からもマークされている危険人物である。

 

ダー子は、赤星が莫大な資産を国外に持ち逃げしようとしていると睨んでいた。

 

そして、リチャードを赤星の周囲に派遣。リチャードは、貨物船の船長になりすまして乗り込む。一流の詐欺師であるリチャードの変装は完璧であった。

 

しかし、リチャードは赤星によって瀕死の重傷を与えられてしまう。

 

リチャードがやられたことで、ダー子とボクちゃんは固く結束。赤星に復讐を行うことを決意する。詐欺師の世界から抜けようとしていたボクちゃんも、リチャードの仇を取らなければ気が済まなかったのだ。

 

改めて赤星を騙す算段をつけるダー子。

 

その脳裏には、ある疑問がよぎっていた。「なぜリチャードの変装はばれたのか」。ダー子は、赤星に近づいていく・・・。

 

キーパーソン

「コンフィデンスマンJP」第1話の見逃したくないキーパーソンは、主人公のダー子(長澤まさみ)。

 

「コンフィデンスマンJP」にハマれるかどうかは、ダー子のキャラが気に入るかどうかによると思います。ダー子のキャラが気に入らなければ、ドラマにはハマれないと思います。それくらい重要な存在。

 

予告動画を見た時点で、「無理だわ」と思った人も多いと思います。正直私も若干ひきました笑。

 

ただ、騙されたと思って第1話は見てほしいと思います。予告動画だけでは分からなかった魅力が詰まったキャラクターであることが分かります。私は第1話でダー子のキャラクターを受け入れることが出来ました。

 

とりあえずは、第1話を見て判断してほしいと思います。

 

以下では、ダー子のキャラクターを物語るようなセリフを3つ抜き出してみました。文字だけでもダー子のド派手なキャラクターが伝わってくるようです。良くも悪くも強烈なキャラクターです。

 

重要なのは、シチュエーション!!!

 

ダー子は、信用詐欺師。コンフィデンスウーマンです。相手を信用させて、騙す詐欺師。相手を騙す上で大事なのは何なのか。それは「シチュエーション」だそうです。

 

ダー子のキャラが特殊なのは、「シチュエーション」の言い方。頭を振り乱しながら「シチュエーション!!!」と叫んでいます。ボクちゃんは若干ひいています笑。

 

ダー子さんに弱点なんかないんじゃボケェェぇえええ!!!

 

これもボクちゃんに対する言葉。ボクちゃんの耳元で叫びまくっています。長澤まさみさんのぶっ飛んだ演技が話題になっていますね。今までにはない長澤まさみさんを見ることができます。

 

飲みすぎちゃったみた~い

 

赤星に色仕掛けをするダー子。ブラウスをのボタンを開けながら、胸元を強調しています。ちょっと笑ってしまうくらいベタベタな色仕掛け。

 

ボクちゃんからも「エロババアに襲われているようで怖い」とダメ出しされています。万能な能力を持つダー子でも色仕掛けは苦手なようですね。

 

■名前
長澤まさみ

■主な作品
「ロボコン」
「世界の中心で、愛をさけぶ」
「涙そうそう」
「潔く柔く」
「散歩する侵略者」

引用:https://ja.wikipedia.orgより抜粋

 

第2話

見逃し厳禁ポイント

「コンフィデンスマンJP」第2話の見逃し厳禁ポイントは、今回のターゲットとなる桜田しず子社長(吉瀬美智子)。

 

予告動画内では、長澤まさみVS吉瀬美智子と大々的に宣伝していましたね。ダー子は桜田社長に勝つことはできるのでしょうか。

 

吉瀬美智子さん演じる桜田社長のダークな一面と、ダー子との対決が第2話での見逃し厳禁ポイントとなってきます。

 

あらすじ

ボクちゃんはついにダー子たちとの決別を宣言する。

 

ダー子、ボクちゃん、リチャードの三人はロシアンマフィアを騙そうとするが失敗。命を狙われていたのだ。身の危険を感じたボクちゃんは、今度こそ詐欺師の世界から抜けだすことを決意する。

 

ボクちゃんは、詐欺師を辞めて真っ当な職に就こうと就職活動を始める。そんな中ボクちゃんが辿り着いたのは、とある温泉町の老舗旅館「すずや」であった。そこで、住み込みで働くことになった。

 

その旅館が、新たな騒動の舞台になることは思いもよらなかった・・・。

 

旅館・すずやは大きな問題を抱えていた。近くに大手ホテルチェーンの桜田リゾートが出来てからというもの経営難が続いていたのだ。首が回らなくなったすずやの女将・操(本仮屋ユイカ)はすずやを手放すことにする。

 

売却先は、桜田リゾートであった。

 

桜田リゾートの社長は桜田しず子(吉瀬美智子)。彼女は、経営難の旅館や施設を買い取り、再生してきた業界の救世主的な存在。しかし、それは表の顔にすぎなかった。

 

裏の顔は、卑劣な手段で日本の観光を牛耳ろうとする野心家であった。

 

すずやも買収の大将となっていた。当初、すずやは買収の話を断っていた。しかし、断った途端に口コミサイトに悪評が流れ出す。その悪評がきっかけで、客足が遠のき経営難に陥ることになったという。

 

そして、やむなく桜田リゾートの買収に応じることとなった。桜田リゾートの査定金額は、なんと0円。従業員の再雇用もしないつもりでいた。

 

この状況を知り、怒ったボクちゃん。すずやを救うためにダー子に詐欺を持ちかける。

 

やむなく詐欺師の世界に再び足を踏み入れることになったボクちゃん。果たして、真っ当に生きることはできるのか・・・!

 

キーパーソン

「コンフィデンスマンJP」第2話のキーパーソンは、ボクちゃん(東出昌大)。第2話の物語は、ボクちゃんが詐欺師の世界から足を洗うと決断した場所からスタートします。

 

お人よしで小心者なボクちゃん。詐欺師に向いていないですよね。ですが、いつもダー子の勢いに押されて詐欺をしてしまいます。そして、タイミングが悪いというか、運が無い。

 

第1話でも詐欺師を辞めると言っていましたが、リチャードが大けがを負ったことで結局は詐欺師の世界に戻ってきました。第2話でも、就職をした先でトラブルに見舞われ、泣く泣くダー子の手を借りることになります。

 

今後もボクちゃんは不運に見舞われていくのでしょうね。ちょっとかわいそうになってきます。

 

ダー子たち三人の中では、視聴者に近い良識を持つ存在のボクちゃん。ボクちゃんがいるからこそ、ダー子の暴走が許容できるのかもしれませんね。

 

そんなボクちゃんを演じるのは、東出昌大さん。高身長で強そうなガタイですが、不思議と気弱なキャラがハマっています。

 

■名前
東出昌大

■主な作品
「クリーピー 偽りの隣人」
「デスノート Light up the NEW world」
「散歩する侵略者」
「菊とギロチン」
「パンク侍、斬られて候」

引用:https://ja.wikipedia.orgより抜粋

 

【まとめ】「コンフィデンスマンJP」見逃した時の対処法

まとめ
  • コンフィデンスマンJP見逃した時の対処法は2つ
  • 見逃し対処①「見逃し配信」
  • 見逃し対処②「FOD無料お試し」

 

↓TVerはコチラ
最新話のみ!1週間の限定配信

 

↓FOD無料お試しはコチラ
[AD]まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」