永野芽郁さんが子役時代に出演したドラマを一覧でまとめてみました。

 

「ハガネの女」に出演していたことは有名ですが、まさか大河ドラマにも出ていたとは驚きです。見ていたはずですが、全然気が付きませんでした。

 

ドラマの他にも、アイドル的な活動もしていたんですね。ちょっと驚きです。

 

スポンサーリンク

 

永野芽郁 子役時代に出演したドラマがすごい!

 

朝ドラ「半分、青い。」のヒロインを務める永野芽郁さん。子役時代にも、数多くのドラマに出演しています。

 

子役時代に出演していたドラマをざっと一覧にしてみました。2013年には大河ドラマにも出演を果たしています。

 

子役時代のドラマ一覧

  • 「ハガネの女」
    (2010)
  • 「時々迷々 「お姉ちゃんとよばないで」」
    (2011)
  • 「ABUアジア子どもドラマシリーズ 「遠足」」
    (2011)
  • 「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2011 「深淵の迷い子」」
    (2011)
  • 「STAND UP!ヴァンガード」
    (2012)
  • 「大河ドラマ 八重の桜」
    (2013)

 

スポンサーリンク

 

「ハガネの女」

2010年に放送されたドラマ「ハガネの女」。吉瀬美智子さん主演の学園ドラマですね。

 

小学校教師・芳賀稲子が小学校のクラスの問題を解決していくというストーリーです。学園ドラマということで、多くの子役が出演しています。

 

ジブリ映画「崖の上のポニョ」の主題歌で一躍有名になった子役ですね。他にも「もみ消して冬」に出演していた恒松祐里さんも出演されています。子役時代の1作品ですね。

 

子役時代の永野芽郁さんは、吉瀬美智子さんの小学生時代を演じています。画面に映る機会は少なかったものの、子役の中ではインパクトのある役ですよね。

 

ハガネの女
芳賀稲子(通称:ハガネ)は、結婚を機に教職を辞める。しかし、結婚が破談となり公立小学校の教師となる。教職復帰したハガネは、問題があるとされる4年さくら組の担任となる。

 

生徒たちと正面からぶつかりあい、やがて生徒たちと心を通わせていく…。

 

「大河ドラマ 八重の桜」

2013年に放送された大河ドラマ「八重の桜」。

 

新島八重を主人公にした大河ドラマですね。幕末から明治にかけての動乱の時代が描かれています。主演は綾瀬はるかさんです。

 

子役時代の永野芽郁さんは、山川常盤の少女期役で出演されています。玉山鉄二さん演じる山川浩の四妹役ですね。

 

まだブレイクする前だったので、「出てたんだ!」と驚く人も多いようです。私も「八重の桜」を見ていましたが、全然知りませんでした(笑)。

 

永野芽郁さんがブレイクした後で、「八重の桜」を見返した方もいるはず。

 

「大河ドラマ 八重の桜」
自由奔放で男勝りな性格の新島八重。彼女が、幕末の動乱の中で会津、京都を生き抜いていく。やがて、日清戦争の活躍が評価されて民間女性初の受勲者となるまでが描かれる。

 

スポンサーリンク

 

永野芽郁 子役時代のその他の活動

永野芽郁さんの子役時代のドラマの出演作品を紹介してきました。

 

ですが、永野芽郁さんが子役デビューしたのはドラマではありません。子役デビュー作は2009年の映画「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」。

 

この映画の他にも、舞台、アイドル、CM、モデルなど多岐にわたる活動をされています。

 

どんな活動をしていたのか気になったので、ドラマ以外の子役時代の活躍をまとめてみました。

 

映画

  • 「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」
    (2009)
  • 「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」
    (2010)
  • 「私の優しくない先輩」
    (2010)
  • 「るろうに剣心」
    (2012)

 

上でも書きましたが、子役時代の永野芽郁さんは映画「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」で女優デビューされています。

 

水野美紀さん、長澤奈央さん、辻本一樹さんなどが出演している映画です。永野芽郁さんがどんな役で出演したのか気になったのですが、詳しい役どころまでは分かりませんでした。

 

その他にも「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」「私の優しくない先輩」などの映画に出演しているんですね。

 

特筆したいのは、2012年に公開された映画「るろうに剣心」。週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画の実写化ですね。佐藤健さんが主演の映画です。

 

永野芽郁さんも「るろうに剣心」に出演していたんですね。全然気が付きませんでした。永野芽郁さんが演じていたのは、三条燕。弥彦のヒロイン的な存在ですね。

 

「るろうに剣心」の6年後に、永野芽郁さんは朝ドラ「半分、青い。」で佐藤健さんと共演します。「半分、青い。」では、同年齢の役として出演していますね。年齢差を感じさせないから驚き。

 

舞台

ドラマ、映画のほかに、子役時代の永野芽郁さんは舞台も経験されています。永野芽郁さんが出演したのは、2010年に公開された「『劇団Beポンキッキ』第1回公演 ふしぎな7つのトランク」という作品。

 

「Beポンキッキ」は、BSフジで放送されていた子供向け番組ですね。2008年から2011年まで放送されていました。

 

永野芽郁さんが出演したのは、「Beポンキッキ」の舞台版みたいですね。どんな役で出演したのかまでは分かりませんでした。

 

子役アイドル

永野芽郁さんは、2009年に放送された子供向け情報番組「We Can☆」にも出演しています。

 

同時期に放送されていた「Beポンキッキ」の姉妹番組として制作されたようですね。この番組の中で、永野芽郁さんは司会補助的に出演されていたようです。

 

そして、We Can☆47というユニットのメンバーとしてアイドル的な活動もしていたみたいですね。

 

子役時代の永野芽郁さんを見ていると、子供の成長って早いんだなと実感します。

 

子役モデル

子役時代の永野芽郁さんは、2010年のティーン向けファッション誌「ニコ☆プチ」でレギュラーモデルとして活動していました。いわゆるニコモですね。

 

姉妹雑誌の「二コラ」でも、モデルを務めていたようですね。2016年3月までモデルとして活動していたようですね。ドラマ出演と並行してファッションモデルもやっていたんですね。

 

当時小中学生だった方の中には、子役というよりもモデルとして永野芽郁さんを知ったという方も多いのではないでしょうか。

 

CM

  • 「東京電力」
    (2010)
  • 「日本コカ・コーラ」
    (2012)
  • 「明治」
    (2012)
  • 「NHK いじめ防止キャンペーン」
    (2013)

 

MV

  • FUNKY MONKEY BABYS 「LOVE SONG」
    (2011)
  • サザンオールスターズ 「栄光の男」
    (2013)